2016
04.20

パリ、最後の日はベルサイユ

桜満開!!。 私のデスクは、窓のすぐそば。  
2016桜1  

その窓から見える桜です。2016桜2 

この季節みんなにうらやましがられます。(#^.^#)


最寄り駅は、田舎の無人駅。

ホームの線路と反対側には、地面に杭が打ってあって、一般道と隔てられています。

その杭の根元、ホーム沿いに細長い花壇があって、水仙、つつじなどが、植えられていたのですが、去年の秋、つつじは抜かれ、水仙やお花が咲いていたところは、厚いアスファルトで覆われてしまいました。

雪の中から水仙が芽吹くのを、冬の終わりの合図だと、毎年楽しみにしていたのに・・・(T_T)

今年は、見られないとあきらめていたら・・・

今日のホームです。土筆が沢山・・・そして
土筆1 水仙5   この水仙・・・


水仙2 アスファルトを突き破り、
               花を咲かせました。v (^▽^)v


さて、パリひとり旅、やっと最終日です。

最後の一日はマリー・アントワネット縁の地、、ヴェルサイユとシテ島のラ・コンシエルジュリーへ

            ベルサイユ2

ラ・コンシエルジュリーは、革命時に牢獄として使われ、処刑前マリーアントワネットが入れられていた独房が、再現されていました。

隣接するサント・シャペル教会の、パリ最古のステンドグラスは見事!!


帰国の日、プランタンデパートの屋上のカフェDELI-CIEUXで、パリの街並みを見下ろしながら最後のランチ。

ここはセルフサービスで、好きなものを好きなだけチョイスでき、お値段もリーズナブル。

パリを一望できる屋上席で、旅の楽しかったあれこれを思い出しながら、一人ゆっくり過ごしました。



空港へ向かう車には、同じホテルに滞在したMさんファミリーが。

Mさんファミリーは,シャルトル大聖堂へ行ったそう。いいな・・


旅の終わりの空港で、残ったユーロを全部使って買ったのは・・・・
 
エルメスの ケリーカレーシュ (オードトワレ)でした。

(行きの成田で、テスターにたっぷり吹き付けてもらって、旅中香っていた、香りです。)

   
 これが、 後々、 思わぬ効果を・・・

一吹きするたびに、写真より鮮やかにパリが甦るのです。

それからは、旅の始まりにその旅にふさわしいオードトワレを探すのが、楽しみになりました。(・・・かなり 気障ですが・・・(=∀=))


4回もの長ーい旅行記(?) 最後までありがとうございました。


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




被災された方々が、一日でも早くごく普通の生活を取り戻せますよう願うばかりです。

何ができるか、よく考えてできることをわずかでも協力させていただきたいと思います。






Comment:0  Trackback:0
2016
04.14

一人旅は楽し???  3

シャンソン歌手シャルルトレネに、 “詩人の魂”( L'ame des poetes) と言う曲があります。


作った詩人がこの世を去っても、歌は歌い継がれ詩人の魂は残っていくと言う歌。

Longtemps, longtemps, longtemps
Après que les poètes ont disparu 
Leurs chansons courent encore dans les rues・・

長い、長い、長い時が経って
詩人がいなくなった後も
彼らのシャンソンは、まだ通りに流れる・・・

                ・・と言う歌いだし。

フランス語の最初の部分,
ロンタン、ロンタン、ロンタン(正しくはロントン?)は覚えやすくて、
鼻歌にちょうどいいんです。もちろん後は、歌えません。
フランス語は、苦手・・・

こんな感じです。(古い歌ですが・・・(#^.^#))
              





パリジェンヌの気持ちで望んだ、パリ観光2日め。
帰りの地下鉄が、2つ目の駅で止まってしまいました。

フランス語の車内放送は、チンプンカンプン???

2度目の放送がはいると、降りる人が・・

前に座っていた、アジア系移民の女性に英語で話しかけてみました
  が、通じない。

一生懸命、伝えようとしてくれますが、わけがわかりません。

咄嗟に、口をついて出たのが・・・冒頭のシャルルトレネ

 “ロンタン?” (長くかかるの?のつもり) でした。

すると、“ウィ” とやや大げさにうなずいてくれて、、地上に出ろと、ジェスチャーで知らせてくれました。(多分!!)


地上に出たものの、今日は一人です。

19区までは遠すぎるし、。タクシーには、一人で乗りたくない。
地下鉄が動いたとして、遅い時間の車内も、降りてからホテルまでの道も心配・・・。゚(゚´Д`゚)゚。



☆;+;。・ 
閃いたのが、パリの夜景イルミネーションバスツアー。

パリの夜景を見て、ホテルまでバスで送ってくれる。

今なら、ぎりぎり、最終申し込みに間に合う♪


それから、公衆電話を探しますが・・・電話のかけ方が複雑で ???

またまた、どうしよう・・・時間が・・・


この頃には、パリジェンヌ気分(?)はすっかりなくなって、オバ○リアン化した私。


日本食レストランに飛び込んで、事情を説明し、食事をして通話料金を払いますからと、携帯を借り、無事旅行社に連絡をつけました。

今思い出しても・・・・たくましい・・じゃない、恥ずかしい。(。>(ェ)<。)エエ


パリの夜景は、とても美しく、華やかで、ため息が出るくらい素敵でした。(写りの悪い写真ばかりで残念)

エッフェル塔のシャンパンフラッシュエッフェル塔シャンパンフラッシュ



ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットも見れました
  ・・・地下鉄が止まってくれたおかげです。

午前1時過ぎに、ホテルに無事到着。長い一日でした。

ホテルの部屋で迎えてくれたのは、成田でテスター紙にたっぷりとしみこませてくれた、ケリーカレーシュのやさしい香りでした。



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




それにしても、昔第二外国語で取ったフランス語、まったく役に立たない。

覚えているのが、テキスト1ページ目

ここに村があります。  あれは橋です。 ・・・どこで使うの????
Comment:0  Trackback:0
2016
04.10

一人旅は、楽し??? 2

明日の天気予報に雪マークが…Σ(ω |||)

冬のコートをクリーニングに出してしまいました。・・・明日、何着よう?

日本海側の北の街では、

いつコートをクリーニングだすか、
いつ車のスノータイヤを交換するかは、毎年大問題。


そんな北の街から、ずいぶん久しぶりの海外旅行。

行き先は・・・パリ!!! 7年前のことです。
ノートルダム 凱旋門 ミロのビーナス


ホテルは、パリ19区。地下鉄の便はいいけれど、ホテル周辺と、地下鉄内の治安はあまりよくないらしい。(´・_・`)

パリから日帰りバスツアーが出ているけれど、帰着時間が、結構遅いものばかり・・・

それから一人で地下鉄で帰るのは、怖いかも・・・と悩んでいるうちに出発の日は近づいてきて、

えーい、行ってから考えよう !!



出発の成田では、「免税店で絶対に買ってきて!」 と母に頼まれた エルメスのカレーシュ(オードトワレ)を購入。
忘れたら大変!! ( ;゚Д゚)  ヤレヤレ・・・

 「お若い方には(私のこと?)、こちらも素敵な香りですよ」 とケリーカレーシュを勧められるも断ると、「では、旅のお供に」とテスターの紙にたっぷり吹きかけてくれました。

あまりにも強く香るので、機内持ち込みの手荷物の一番下に入れ (この旅中香っていました)、 

             いざ出発!!

3月末のパリ行きは空席も多く、隣の席のパリ在住の日本人女性と、ワインを酌み交わし、すっかりリラックスモード。

あっという間にパリ到着。


迎えの車には、同じホテルに滞在する、 お子様連れのMさん家族と、K大学二年生のHくんが・・・

よかった!\(^o^)/ 一人じゃない!!


みんな同じ不安を感じていたようで、  何かあったらと、 さっそく部屋番号を交換(日本人だなあ・・・)

そして、二人いれば何とかなるさと、H君と翌日のモン・サン=ミシェルへのバスツアーを申し込みました。

翌朝、パリ地下鉄に乗って、バスの出るオペラ座まで。
地下鉄の中は、アフリカ系、アラブ系の移民の人ばかり 「女の人一人じゃ怖いかも」 とH君。

無事モン・サン=ミシェルバスツアーに参加できました。

行くことができてよかった!!  ありがとうH君。
モン・サン=ミシェル モン・サン=ミシェル2


モン・サン=ミシェルの翌日は早起きして美術館めぐり♪♪

ルーブル♪  オルセー ♪   オランジュリー♪

ルーブル1 オランジェリー
ルーブルカフェ ルーブル2

疲れたら、カフェで休み・・・パリジェンヌになった気分で・(*≧∪≦)


そして、そして この旅で一番の目的、
子供の頃、写真集で見てずっとあこがれていた


クリュニー中世美術館  「貴婦人と一角獣」のタピスリー!!!

中世美術館 タペストリー



やっと会えました。♪───O(≧∇≦)O────♪


もう、何が起こってもいい・・・

 と思ったからなのかどうなのか

・・・止まってしまいました。 帰りの地下鉄が  

((((;゚Д゚)))))))ガー-ン

テロ騒ぎのイギリスで、地下鉄が終日運休し、B&Bまで歩いた記憶が甦る・・・

地下鉄にうらまれているのか私?

外は暗いし、どうしよう??? 

続きは、次回に・・・ 


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




Comment:0  Trackback:0
2016
04.08

一人旅は楽し???

3月末から4月始めは、仕事が一番暇なとき。.゚+.(・∀・)゚+.

最近、この時期を狙って一人旅をします。
普段は、忙しくて習い事をする時間もない私の楽しみの一つ。


去年は友人を訪ねて、大阪へ。
桜に、ぎりぎり間に合って、大阪、京都の春を堪能しました。





食い倒れ 太秦
京都御所1 京都御所いけばな




今年? 今年は、雑用が多くて、結局お家でお掃除に励みました。
お休みの不完全燃焼です。 プンヾ(`・3・´)ノプン



初めて一人海外旅行を決行したのも、この時期でした。

行き先はパリ  ・・・ミーハーなんです、私。


人生最大のピンチを、何とか乗り切ったかもしれない、と思えるようになった7年前。前年の春から次男も独立。

春休みに、息子たちの学校や下宿先のあれこれに時間を取られる・・・、ということも無くなり
約20年ぶりの、一人のまとまった時間

息子たちは、ほっといてオーラ全開だし・・・何をしたらいいんだ?


お勤め仕事の帰り道、ふと、目に入ったH○S旅行社の広告に

   全○空で行く4泊5日パリ ○万円

すごい、2桁を大幅にきったお値段。
しかも今日まで申し込めば ○円引き  !! 
            (これに↑弱いのよね)

気がつけば、旅行社のいすに座って申し込みをしておりました。

格安旅行なので、もちろん添乗員なし、終日自由のプランです。

それから、10年パスポートを取得し、インターネットを駆使して情報を集め・・・

必要なあれこれを準備し・・・ 久々に充実した日々を過ごしました。

海外へ行ったことがないわけではないけれど、行きも、帰りも、現地でもまったく一人と言うのは初めて。

ホテルが少々治安の悪い場所に位置していたり、(お一人様なので、グレードアップすると倍ぐらいの金額になる)
思ったほどパリは、治安が良くないことを知ったり、

出発までは、楽しさ半分、不安が半分でした。


でもパリは…

パリ行きANA  エッフェル塔

そんな不安を感じる暇もないほど、素敵でした。
結構、ハプニングもあったけど…

で、もう少し一人旅の話を・・・



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



Comment:2  Trackback:0
back-to-top