2016
06.12

ミュンヘン一人旅 3日目~最終日

初夏の日差しの中、田んぼの真ん中を通って海までお散歩
初夏の田んぼ

俳句の一つもひねりたくなるほど、良い天気!!

         ( ̄^ ̄)ウーン、ウーン


田水張り  行く雲映す 夕べかな・・・ デキタッ(〃▽〃)
オソマツ・・・ 単純すぎる?
田水

なんて、ルンルン、海を目指していたら・・・

人気のない一本道の向こうに、動物の大きな影が・・・

今時、野犬??・・ま、まさか熊??


あわてて今来た道を戻りました・・

・・・ああ怖かった。(;´д`)ナンダッタノ??

明日から、お散歩コース、住宅地内に変更です。




さて、ミュンヘンその後ですが・・

翌日曜日、

大きな仕事を終えたときのような、脱力感に鞭打って、

トラムを乗り継いで、ニンフェンブルク城へ
 ニンフェンブルク城3

ニンフェンベルグ城1 ニンフェンベルグ城2

明るくて、広々としていて、今まで見たお城の中で一番好きかも・・

その後ミュンヘンを代表する美術館
アルテ・ピナコテーク、ノイエ・ピナコテークを回りました。

通常7ユーロ位の入場料が、日曜日は一律1ユーロ!! 
日曜は、お徳!!



帰国の月曜日は、朝から雨。 (っω・`。) 名残雨?・・

最後にマリエンプラッツへもう一度足を運び、レシデンツ博物館、フラウエン教会で、悪魔の足跡を見て、空港へ・・

土砂降りの中、帰路につきました。


ミュンヘンの人々は、みんな親切で、笑顔が素敵でした。

街歩きをしていて道を尋ねると、

「私が日本に言ったら、きっと同じように、、人に尋ねると思うわ・・だから気にしないでね。」

と言って親切に目的地まで連れて行って下さった素敵なドイツ人奥様・・

バスのパノラマ席へ案内してくれ、
「ルートヴィヒ2世のことなら、何でも訊いて・・」と言っていたガイドさん

そして、やっぱり、素敵な演奏をしてくれた、Wayna Picchu ♪♪


そして、そして、行かせてくれた息子達に感謝!!

・・・たとえ、GWとお盆とその後のお正月に帰ってこなかったとしても・・・

・・たとえ、誘っても、一緒に行きたがらないとしても・・・・

・・たとえ・・・シツコイ!!


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



Comment:1  Trackback:0
2016
06.07

ミュンヘン一人旅 2日目

休日に、朝一番で届いたメールは横浜の高校の同級生から・・
  
  “鬱陶しい雨ですね・・” のご挨拶 ??? 此方は、晴天。

故郷と日本海側の北の街との距離を実感です。
♪(・ω・)ノオモエバ、トオクニキタモンダ

その北の街は今、マーガレットが満開・・
マーガレットの大群 マーガレットの大群2
マーガレット2
相変わらずの腕前ですが・・(#^.^#)


エミール・クラウスの「マーガレット」を思い出しました。

marguerite.jpgこれ

お日様のにおいが、伝わってくるよう・・

県立美術館の近代印象派展で見つけた、大好きな、大好きな作品です。



ミュンヘン2日目も、快晴。 

朝からマリエンプラッツ周辺をブラブラ。
ここは数多くのお店やレストランが集まる、ミュンヘンの中心地。

マリエンプラッツ2
仕掛け時計で有名な新市庁舎


WaynaPicchuのパフォーマンスの時間少し前に、オープンカフェの通りに行くと・・・


見つけました・・オープンカフェの真ん中で準備中・・・


思い切って声をかけると、歓迎の嵐。
・・・言葉はほとんど通じないけど・・(T_T)


その日は、アメリカからも、モニカさんという同年代のファンの方が来て、
モニカさんのドイツ在住の友人が、通訳を買って出てくれました。


WaynaPicchuと WaynaPicchu.jpg どきどきの初対面

演奏が始まると・・・すぐに人垣が・・・

モニカさんと私は、用意してくれたカフェの席から、見物です。


動画も取ってきたのですが、肖像権など問題になるといけないので・・

ユーチューブでご覧ください。こんな感じでした・・・

これほど大掛かりではなく、

こんなに派手な衣装でもありませんでしたが・・



 これも好きな曲



3曲目の演奏前、リーダーのサントスがやってきて、


「これは日本から来た貴女のために、演奏します。

 これからこの曲を演奏するときは、いつでも貴女を思って演奏します」



さすが、エンターテイナー!!! ファンの心を鷲づかみ・・


モニカさんの友人も通訳する前に思わず
 “ Wow!! ”  w( ̄o ̄)wワーォ



あっという間の、幸せな2時間でした。(*´∀`人 ♪






別れ際、
「あなたの家族を大切に・・またいつか会いましょう」

メンバー全員から頬に、♡♡♡


彼らは、敬虔なカトリック教徒。 全員、家庭を持っています。

WaynaPicchuのアルバムには、子供達やサントスの奥様(独人)のバックコーラスがあちこちに入っていたりします。


ユーチューブの画像には、メンバーの子供達がたくさん登場・・・


そんなところも、私がこのグループを好きな理由なのかもしれません。



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:4  Trackback:0
2016
06.04

ミュンヘン一人旅

やっとイチゴの初収穫
イチゴ2016 たった3粒

これから一週間、多い日で1日20粒。
冷凍して、シーズンの終わりにジャムにします。

一瓶分にもなりませんが、100%自家製イチゴジャム。v(^▽^)v





海外一人旅2カ国目、ミュンヘン。

Wayna Picchu のストリートパフォーマンスが見れるかも・・
    (Wayna Picchu に関してはコチラ と コチラ)


出発前、演奏予定はないか思い切ってメールで問い合わせてみると

・・英語じゃだめかなと思っていたら  (*_*) ドキドキ 

すぐに返信が・・

日本にファンがいると知ってうれしい。
土曜日に、マリエンプラッツで演奏します。
Please join us! ・・の返事が・・・(∩・∀・)∩ キャー



8月のよく晴れた木曜日、ルフトハンザ直行便で、ミュンヘンへ♪♪

ドイツ街並み1ドイツ街並み3オーバーアマガウ




翌朝はノイシュバンシュタイン城ツアーに参加予定・・

ホテル到着後バスツアーの集合場所を下見・・・したはずなのに

当日、道を一本間違えて曲がって、反対方向にどんどん行ってしまい・・


朝から走りに走ってようやくバスに間に合いました。・(。Д゚;)アアシンド


でもね、お一人様ということで、
一つだけ空いていた、2階最前列のパノラマ席に案内され・・・(*≧∪≦)ラッキー


バイエルン州5 バイエルン州1

目の前に広がる、南ドイツ、バイエルン地方の田園風景を、堪能しました。

両隣は、かわいい娘さんを連れたシチリア島イタリア人のご夫婦。

私を挟んで分かれて座っています。

言葉を交わすようになって、シチリアはいいところだよ・・と端末機でシチリアの地図や写真を見せてくれました。

・・・・・ 行きたい所が増えていく・・・



リンダーホーフ城とノイシュバンシュタイン城
リンダーホーフ城2リンダーホーフ城1
ノイシュバインシュタイン城

自由時間はお一人様参加の同年代の日本人女性に声をかけられ、一緒に回りました。

やはり旅好きの方で、普段一緒に旅行する娘さんが、友達と旅行に行ってしまったので、今回は一人旅にしたそう・・

旅の話で盛り上がり、旅情報を交換し、ひと時を楽しく過ごしました。


旅先では日本の連絡先を交換しないことにしているので、もう会うこともない彼女ですが、

その後どんな旅を経験したのか、ちょっとだけ聞いてみたい気がします。

さあ、翌日は、いよいよ・・・会えるかな?Wayna Picchu・・

よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2016
06.01

コンドル?を探してミュンヘンへ


蜂蜜をいただきました。
千葉県ひふみ養蜂園さんのロイヤルゼリー入り
                  蜂蜜1

パックにしても良いとのことで、早速お肌にうすーく塗ってみました。
(もったいなくて、たっぷり塗れなかった)

10分間ぐらい置いてから、洗い流します。

(* ´ ▽ ` *)お肌つやつや・・・お見せできなくて・・残念・・・かな???



10年パスポートを取得して、行くぞ海外!!

パスポート ・・でも、なかなか費用が貯まらない・・・


パリ一人旅から、2年・・・次の旅行は、もう1年先かなと思っていた頃、



GWに帰ってこなかった息子達から、

今年はお盆も帰れませんとの電話が・・・Σ(´Д`*)ガッカリ 



「どこか行ってきたら?
半分費用持つよ。母の日と誕生日のプレゼント・・」

と息子のありがたーい申し出が・・・


・・・で一応 「自分で出してもいいから、一緒に旅行したいな・・」
と言ってみると・・・


「全額出すから、一人で行きなさい!!」・・・交渉成立!!\(^o^)/


もちろん半額だけお願いしました。



行き先はミュンヘン。  ルフトハンザ





前回、前々回でご紹介したラテンフォークバンド Wayna Picchu。

彼らのホームページを、自動翻訳で翻訳したところによると、

週末は、マリエンプラッツと言う広場で、ストリートパフォーマンスをしているらしい・・・

もしかしたら、見れるかも・・・(もの好きだ・・)

 マリエンプラッツ マリエンプラッツ1

ということで、例によってH○Sさんにお願いして、見つけてもらいました、

添乗員なし、終日自由行動の格安ミュンヘン旅行。 
しかも、ノイシュバンシュタイン城バスツアー付

50代にして、初めての追っかけ??  (〃▽〃)アエタライイナー♪

例によって、長い前置きですが・・・

よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2016
05.29

コンドルはミュンヘンの空を飛ぶⅡ

お勤め仕事の帰り道、
立ち寄った地元野菜の専門店に、ルバーブが・・・ 一袋250円
          ルバーブ  
「アンの愛情」で、 ダイアナが、アトッサおばさんに ルバーブのゼリー持って行く場面を 読んで以来、憧れの食材です。
 
おうちに帰って、さっそくジャムに・・・

あらく刻んで、水を入れずに火にかけると、
 ルバーブジャム1   ルバーブジャム2
 あっという間にとけて、とろとろに

お砂糖を加えて、完成です。  ルバーブジャム

甘酸っぱいジャムが一瓶できました。初めてのルバーブジャム・・
(もうちょっと、おしゃれな食器に入れればよかった(T_T)

ヨーグルトに良く合います。




前回ご紹介したラテンフォークバンド Wayna Picchu ・・・コチラ

ケーナの演奏を聴くと、アンデスの風景が浮かぶよう・・・

5年前、アマゾンで見つけ、購入した彼らのCDによると。

folk music from Peru
(怪しげな衣装ですが、曲は正統アンデスフォルクローレ)

インカの衣装で演奏している3人は、アンデス高地出身の兄弟。

ボーカルとケーナ担当のサントスは、9人兄弟の3番目
チャランゴ演奏のホランド、ギター担当のルーベンと続きます。


幼少期サントスは、祖父から家畜番を任され、日がな一日アンデスの高原で古いケーナを片手に一人で過します。

村祭りに演奏しに来るバンドが好きで、一日中バンドの後追いまわし、この2つが彼の音楽の原点だそう。


Wayna Picchu のもう一つのスペイン語版(コンドルは飛んでいく)
             
断然、ケチュア語の方が好き!!ですが・・・




その後一家は、リマに移り、それぞれが音楽を勉強します。


やがてホランドがイギリスで、サントス、ルーベンはドイツ、ミュンヘンで、仲間とバンド活動を始めるのです。
 

一家がリマで暮らした頃のペルーは、ハイパーインフレ

なんとインフレ率8000 % (((;゚Д゚)))))ドンナ??


ペルーが、国家崩壊の危機にあったときです。
(立て直したのは日系のフジモリ大統領、来週の選挙が気になります)




今や世界のあちこちで見かける、ペルーのストリートミュージシャン。

アニメ、サウスパークでは、「彼らは巨大モルモットから地球を守っている」などと揶揄されていますが、

背景にこうした国家事情があるんだろうな、と思います。

    ミュンヘンでのストリートパフォーマンスの様子
 
ちょっと、にぎやか・・・

ある日、WaynaPicchuのホームページを見つけ、
いつか、ストリートパフォーマンスを見に行きたいな・・・と思っていたら、案外早くチャンスがやってきました。


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


Comment:0  Trackback:0
back-to-top