風の中行く

ビリーが戻って来た♪  

先週末、同級生のグループラインが忙しく鳴りました。ミュージカル「ビリー・エリオット  リトルダンサー」のチケットの連絡です。無事全員の分が取れそうです ♪同級生のM君が「3年ぶりに再演が決まったよ!」 と連絡をくれた時から、皆で楽しみに待っていた、大好きなミュージカルです。3年前の記事は → コチラ☆コロナのせいで、一時は開演が危ぶまれましたが、完全な感染防止対策を取って上演されます。楽屋訪問も、観劇後...

続きを読む

「カランコエの花」と「一粒の麦」

日が暮れるのが早くなりました。台風がかすめて行った後の夕日です。すっかり秋ですね。夏の初めから何かと慌ただしい日が続きましたが・・・今日は1日ゆっくり過ごせました。  暇になると  (〃▽〃)  夕陽を取る人ちょっと、遅くなりましたが、国際女性映画祭、続きです。「カランコエの花」では、高校生の日常生活の中で、トランスジェンダーが描かれます。ある日、唐突に『LGBTについて』の授業が行われ、他のクラスでは行...

続きを読む

はるな愛さん初監督映画 mama 35分に込めた思い 2

1960年代、六本木に伝説のゲイバーを開いていたのが、吉野ママこと吉野寿雄さんはるな愛さんは映画製作の話が来た時、この吉野ママが自ら語る映画を作りたかったそうです吉野ママと交友があったのが、 石原裕次郎,高倉健、美空ひばり,、長嶋茂雄、沢田研二さんなど名古屋の架空のゲイバーに 2人のトランスジェンダーの若者がママを訪ねるという設定。御年88歳のママが語るのは、偏見が今よりずっと強かった時代の苦労あり、下...

続きを読む

はるな愛さん初監督映画 mama 35分に込めた思い  

仲の良いボランティアガイドのOさんから、「 面白い映画祭があるの。行ってみない?」 とお誘いがありました。「ウィルあいち」と呼ばれている、県女性総合センターで今、あいち国際女性映画祭が開催されています。「ウィルあいち」愛知県の男女共同参画社会づくりの拠点施設です。女性監督の作品、女性に注目した作品などを集めて上映しゲストトーク などを通じて社会の在り方を考える国内唯一の国際女性映画祭なのだそうです...

続きを読む

東京観劇記   夏休みの結末は・・・

この夏休みの一番のお楽しみは、東京での観劇です。幸い孫の〇っくんの手足口病も回復し、心置きなく観劇旅行に出かけました。お土産買ってくるからねー  ヾ(o´∀`o)ノ 行ってきま~す今回観劇するのは コチラ↓ 「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」第一次大戦後のイギリスの 少しミステリアスなストーリー朝ドラなっちゃんのお兄さん、岡田将生さんとM君(同級生)が、熱演。  木村多恵さん、お綺麗でした!1日目は、高...

続きを読む