2019
09.23

「カランコエの花」と「一粒の麦」

Category: 映画・演劇
日が暮れるのが早くなりました。台風がかすめて行った後の夕日です。

DSC_0433 (2)

すっかり秋ですね。夏の初めから何かと慌ただしい日が続きましたが・・・

今日は1日ゆっくり過ごせました。  暇になると  (〃▽〃)  夕陽を取る人


ちょっと、遅くなりましたが、国際女性映画祭、続きです。

DSC_0434 (2)


「カランコエの花」では、高校生の日常生活の中で、トランスジェンダーが描かれます。


ある日、唐突に『LGBTについて』の授業が行われ、

他のクラスでは行われていないことから、生徒たちは

自分たちののクラスに LGBTの人がいると考えるようになります。

20190922カランコエの花 

クラスの中に波紋が広がっていく様子が、現実にどこかの教室で起こっているかのように、


こんな生徒いるいる・・こういう会話しているよな~・・と・・・


ごく自然に描かれていきます。


僅か39分の中に、高校生の日常生活を切り取り 時系列をちょっと逆にすることで、


優しい余韻が残り、作り手のメッセージがしっかり伝わってくるのです。


本当に秀作 ・・・様々な賞を受賞しているのがよく理解できます。



映画祭最後の日に観たのは、「 一粒の麦 荻野吟子の生涯」

20190922荻野吟子


荻野吟子さんは、江戸末期生まれ、日本初の国家資格を持った女医さんです。

まだ女性の幸福が結婚と子育てに合った明治時代に、

自分の不幸をすさまじい努力で、人を救うためエネルギーに変えた方です。

その一生が丁寧に描かれていて、とっても面白かったのですが・・・


それ以上に上映後行われた、この映画を作った山田火砂子監督のトークイベントが、素晴らしかったです。


御年87歳 「これが最後の作品かもしれないと思いながら取っています。」

とおっしゃる監督の目は、すでに次の作品、そしてその次の作品に向いていました。


よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 


夏の始め以来、ちょっと忙しい日が続いています。

もうすぐお誕生日・・・プレゼントに何でもお願いできるなら、

時間が欲しいな~ (*´~`*)


Comment:2  Trackback:0
2019
09.15

はるな愛さん初監督映画 mama 35分に込めた思い 2

Category: 映画・演劇
1960年代、六本木に伝説のゲイバーを開いていたのが、吉野ママこと吉野寿雄さん

はるな愛さんは映画製作の話が来た時、この吉野ママが自ら語る映画を作りたかったそうです

20190903mama.jpg吉野ママと交友があったのが、 石原裕次郎,高倉健、美空ひばり,、長嶋茂雄、沢田研二さんなど


名古屋の架空のゲイバーに 2人のトランスジェンダーの若者がママを訪ねるという設定。


御年88歳のママが語るのは、偏見が今よりずっと強かった時代の


苦労あり、下ネタあり、笑えるほど明るい話。すべてフィクションではありません。



生まれ変われるとしたら、女に生まれたい?という問いに対して、

今度もやっぱり男の思考力, 女性の気持ちを持ったトランスジェンダーに生まれたい・・・と答えたのが印象的でした。


悲壮感をもって、声高に苦労話をしたいわけじゃない。と映画の後で語った愛さん。

上映時間35分 粗削りですが、中身の濃い とっても良い作品だと思いました。

「Filmusic in 中川運河・春」 という表題の3本立てで、現在名古屋シネマスコーレで上映中です。


ちょっと、忙しくて、「カランコエの花」は次回にご紹介・・・これは秀作だと思います

文字ばかりで… 写真も既出ですが・・・よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 


(*´∀`人 ♪ 明日は孫の〇っくんと動物園  ワクワク







Comment:2  Trackback:0
2019
09.07

はるな愛さん初監督映画 mama 35分に込めた思い  

Category: 映画・演劇
仲の良いボランティアガイドのOさんから、

「 面白い映画祭があるの。行ってみない?」 とお誘いがありました。


「ウィルあいち」と呼ばれている、県女性総合センターで今、あいち国際女性映画祭が開催されています。

「ウィルあいち」愛知県の男女共同参画社会づくりの拠点施設です。
20190903ウィル愛知




女性監督の作品、女性に注目した作品などを集めて上映しゲストトーク などを通じて


社会の在り方を考える国内唯一の国際女性映画祭なのだそうです。



本日見たのは・・・LGBT性的少数者 (セクシャルマイノリティ) がテーマの作品。



「 カランコエの花」と         「mama」
20190903.jpg 20190903mama.jpg どちらも40分に満たない長さの作品


テーマの重さから暗い深刻な映画かも・・・と身構えましたが、

そう思うことが、どんなに無知で人を傷つける事なのかと思い知らされた映画でした。


当たり前に受け止めてほしい・・・そんなメッセージが素直に胸に入ってくる、面白くて、素敵な2作品。


はるな愛さんが初めて監督した「mama」は この日が初公開です。


上映後、ドキドキしてこの日を迎えたというはるな愛さんのトークイベントがあり、


これもとても印象的でした。     次回、もう少しこの2つの映画のお話を。


よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 

映画祭はあと2日、

明日はデモの行方が気になる香港のトランス女性 トモ=ケリーさんの出演の映画。

終了後トークイベントもあります。


Comment:3  Trackback:0
2019
08.29

東京観劇記   夏休みの結末は・・・

Category: 映画・演劇
この夏休みの一番のお楽しみは、東京での観劇です。

幸い孫の〇っくんの手足口病も回復し、心置きなく観劇旅行に出かけました。


お土産買ってくるからねー  ヾ(o´∀`o)ノ 行ってきま~す

今回観劇するのは コチラ↓ 「ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~」
20190827.jpg




第一次大戦後のイギリスの 少しミステリアスなストーリー


朝ドラなっちゃんのお兄さん、岡田将生さんとM君(同級生)が、熱演。  木村多恵さん、お綺麗でした!


1日目は、高校の同級生たちと・・・


観劇後は有楽町のガード下のビアホールで、高校時代に戻って大騒ぎ・・・


20190824バーデンバーデン




2日目は北の街の元同僚 いつもの6人が、東京に集結・・・


M君の渾身の演技や 余韻の残る作品の解釈に、観劇前と後で、おしゃべりが尽きません


20190825ブラッケンムーア一緒に、帰りたい・・・ 別れがたい・・・


ちょっと、北の街シックにかかって、名古屋に戻ってきましたが


語学でご一緒のAさんが、当番ガイドの日に訪れてくれたり・・緊張しながらガイド (〃▽〃) ありがとう♪


○っくんが遊びに来たり   グランマ   (^∇^)  おみあげ ありあと (お土産ありがと)


幸せな夏休み・・・・だったのですが・・・・いよいよ来週から お仕事という時になって・・・


 
   どうしよう ・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。  ボランティアの機関紙まだ書いてない 


・・・・という訳で、今 大急ぎで 夏休みの宿題  機関紙 執筆中

  あと3日、まにあうか・・?   (*´~`*)  どこまでも、由緒正しい夏休み?


よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 

Comment:2  Trackback:0
2019
04.25

平成最後の・・・満月、観劇、女子会、同級会

Category: 映画・演劇
語学の勉強会の友人が撮影して、送ってくださった


平成最後の満月です。
201904平成最後の満月 Hさん撮影


あまりに見事なので、皆様におすそ分け  はっきり、くっきり、満月パワー

・・・・きっといいことがあるに違いない  Hさん ありがとう (*´∀`人 ♪ またよろしく・・




本当は、全体が写った素敵な写真もラインで送っていただいたのですが、

画像が重すぎるのか、サイズダウンして転送しても、スマフォに戻ってしまいます。


 どうやってもPCに取り込めない・・・。゚(゚´Д`゚)゚。





平成最後の観劇に、1泊で東京へ行ってきました。



今回観たのは、「奇跡の人」・・・例によって、2度観です。




 20190420 奇跡の人ポスター


     


土曜日は、北の街の元同僚たちと・・・北の街の美味しいもの一杯持ってきてくれました。


元同僚たちと私は教える仕事に携わっているので、サリバン先生に完全に感情移入・・・

最後は、全員 顔が涙でぐしゃぐしゃでした。


元同僚たちとは、5か月ぶりの再会。

お芝居の前と、終わった後にたくさんおしゃべりしました。


 (´ー`) まだ話したりない・・




20190420東京芸術劇場 (2)東京芸術劇場


翌日は、高校時代の同級生たちと・・こちらも5か月ぶりの再会

やはり最後は、全員  涙、涙でした。  



サリバン役の高畑充希さんのちょっとコミカルで、真摯な演技と

ヘレン・ケラー役の鈴木梨央さんの迫真の演技・・・

2人の掛け合いが、それは見事で・・・素晴らしかったです。



北の街は桜が満開だそうです。
2019 桜の便り



このお芝居の練習が始まる前、


関係者みんなで、障害を持っている方々が学んでいる学校を見学したそうです。


「そうした学校にこそ、もっと予算が行くようになってほしいよね・・・」

・・とお芝居にかかわったM君の言葉に、同級生全員無言でうなずきました。




お芝居の後は、同級生たちと居酒屋さんで近況報告。


会えば、昨日の続きのようなおしゃべりが始まります。


名古屋は楽しいよ~(^∇^) ・・・・と報告できることが嬉しい




こうして、平成最後の観劇は終わりました。

戻った名古屋は、1日留守にしただけなのに、夏の香りに代わっていました。



よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 



Comment:2  Trackback:0
back-to-top