2018
10.19

岡山と台風とプリンスエドワード島 3


カズラカタ 歌劇団の公演 「ロミオとジュリエット」のチケットをいただきました。


カ ヅ ラ カ タ…逆から読むと?   そう タ カ ラ ヅ カ

あの宝塚歌劇団公認で、音楽も振り付けも同じなのだそう。



ただ一つ違っていたのは・・・・団員全員、ある男子高校の現役の高校生だったのです。



これが男子高校生! 
20181013kadurakata.jpg公演パンフレット

劇そのものの完成度も高く、どの団員もダンス、歌  玄人はだしです

特に、美し過ぎるジュリエットの透き通った歌声に、観客一同 唖然・・

「本当に、男なの?」 とささやく声があちこちから聞こえてきました。

ちょっと他では見られない 面白さでした。 名古屋って (〃▽〃) 面白いわ~



さて、台風が心配だった先々週の岡山行き・・・岡山駅には青空が・・・
20181007岡山駅 m(__)m相変わらずの写真の腕前ですが・・・


早く着いた私は、主催の大学の入り口を間違えて、鍵のかかった裏口で待っていました。


同じように待っている方と言葉を交わすようになり、お話がとても面白くて聞き入っていたら、開演10分前・・・



さすがに、ここが入り口ではないことに気づき、大慌てで本来の入り口を探しました やれやれ (゚∀。) 間に合った!



その間すっかり仲良くなった彼女は、元看護士さん、今は看護学校の校長先生です。


昔、研修のため看護学生を連れて何度もプリンスエドワード島(PEI)に滞在、PEIが大好きになったのだそう・・・



自転車で灯台巡りもしたのよ~・・・         (´-`*) 羨ましいなー




来月の講座は、PEIにやはり魅せられた写真家 吉村和敏さんの講演です。(こちらも楽しみ)

そこでの再会を約束、名刺を交換してお別れしました。

 
私は、台風を気にしつつも,梶原さんを囲む懇親会へ・・・  (=∀=) 風が出てきたような・・・

主催された教授のゼミの学生さん達が、ケーキと紅茶を準備してくれています。
20181007チーズケーキ


その学生さんの一人が、私のお隣に座りました。 聞けば4年生だそう。  卒論は何を?とたずねたら、


にっこり笑って「 LMモンゴメリ 、アンの第3巻です。」    なんとも羨ましい話です。  


台風が気になり、少し早めに離れることを決めた私のために、主催された教授の方が

「後で皆さんにお出ししようと思っていたカナダの紅茶です。先に召し上がってね」 

と美味しいミントの香りの紅茶を入れて持って来て下さいました。心遣いが嬉しい +゚。*(*´∀`*)*。゚+美味しい




帰路、岡山駅に16時に着くと、ちょうど14時台の新幹線が2時間遅れで到着したところでした。


新大阪まで座れなかったけれど、その日のうちに何とか無事に名古屋に戻れました。   


世界一モンゴメリのことを知っている人、梶原由香さんの講演は、本当に面白かったです。


来月も楽しみです。アンばかりですが・・・ m(_ _)m  よろしかったらポチっと
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村   


Comment:2  Trackback:0
2018
10.14

岡山と台風とプリンスエドワード島 2


「赤毛のアン」の主人公アン・シャーリーは、かのマーク・トウェインが


「アリス以来最も可愛らしく、最も感動的で最もゆかいな子」と絶賛した、明るい魅力的な女の子です。

Montgomery Anne of Green Gables 初版





その魅力的なアンを生み出した、作者のL.M.モンゴメリが 


実生活では、家族の問題に悩み、苦しみながら執筆したことを


「運命の紡ぎ車―L.M.モンゴメリの生涯」モリー ギレン著(篠崎書林) と

「モンゴメリ書簡集〈1〉G.B.マクミランへの手紙>      (篠崎書林) を読んで知りました。


運命の紡ぎ車



アンにがっちり心をつかまれた私は、大学でモンゴメリの研究がしたかったのですが、

当時、そういう学校を見つけることが出来ませんでした。   インターネットがあったら (*´~`*) 検索できたかも・・



講師の梶原由佳さんは、モンゴメリと関係の深い人々を丁寧に取材・・(伝記を表したモリ― ギレンを含む)


「『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ」を著しました。



その中で、、生前のモンゴメリを知っている方に取材されたり


モンゴメリの死は自殺であったかもしれない・・・という噂についても言及しています。


(2008年、.モンゴメリのお孫さんが、祖母の死因は自殺であったと告白しています)

 
赤毛のアンを書きたくなかったモンゴメリ 梶原さんの著書



講演のテーマは、モンゴメリの新婚旅行についてです。


晩婚だったモンゴメリは、結婚式を挙げると、夫ユーアンとともにイギリスへ約1ヶ月の新婚旅行に向かいます。


イギリスでは、生涯の文通相手のマクミラン氏と対面したり、


英文学の作家サー・ウォルター・スコットや、ブロンテ姉妹のゆかりの地や

祖母がカナダへ移民する前に少女時代を過ごした家などを訪ねています。


その折、モンゴメリ自身が撮影した当時の写真が、かなりの枚数現存しているのだそうです。


梶原さんは、イギリスでのモンゴメリの足跡を丹念に調べ、


モンゴメリが撮影したと思われる場所を探し


その場所で同じアングルの写真を撮影、時代を経て撮影された2枚の写真を重ね合わせ,


そこから見えてくるモンゴメリの心情などを読み解いていかれました。




残念ながら、、特定できた場所は少なかったそうですが、 本当に面白かったです。 


長くなりました つい力が入ってしまう・・・(/∀\*)  引っ張るつもりはないけれど・・



 続きは次回・・・m(_ _)m  よろしかったらポチっと
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村   








Comment:0  Trackback:0
2018
10.07

岡山と台風とプリンスエドワード島

2~3年前、

岡山の某女子大で、大好きなL,M,モンゴメリに関連した公開講座が、毎年開催されていることを知りました。


(´ー`) 行きたいな~  



2018日本地図北の街から、岡山はさすがに遠い・・・






当時は、お勤め仕事の他に、土日も教室を開いていたので、泣く泣くあきらめました。




名古屋にお引越しをする 一大決心をした時、何より初めにしたのは、


この岡山の公開講座に申し込むことでした。  お部屋探しより先・・・ (〃▽〃) 家族に報告するより早かったかも・・・



L.M.モンゴメリは、カナダの女性作家で、あの「赤毛のアン」 の作者です。

戦後、村岡花子さんの翻訳で出版されたこの本は、多くの日本の女性の心をつかみました。

    ルーシーモードモンゴメリLMモンゴメリ




私もしっかり心をつかまれた一人・・・・ そのいきさつは、 コチラ☆  ←ポチッ


やっと、あこがれの公開講座に参加できる!  と思っていたのに・・・


開催日に、台風が岡山に最接近する予報がでて、


新幹線が岡山に到着するまで、ハラハラしました。




  着いてしまえば  (´▽`*)  帰りは、何とかなるさ



今回講師を務めてくださったのは、「『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ」著者 梶原 由佳さん


2000年に出版されたこの著書を読んで以来、いつかお会いしてみたいと思っていた方でした。


講演の詳細と、岡山滞在6時間に起った様々なことは次回に

・・・・実り多い半日でしたよ。


m(_ _)m  よろしかったらポチっと
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  

みんなの暮らし日記ONLINEのmarinさんの記事が更新されました。 

今回は 「みんな大好き、パンケーキのおいしい話」  コチラ☆  ふわふわで、とっても美味しそう!



そういえば昔々、パンケーキがホットケーキと呼ばれていた時代、

日本橋のお勤め先の近くにあった喫茶店 (だんじてカフェではなかった) のホットケーキが

大きくて分厚くてふかふかのスフレタイプで、大好きだったのを思い出しました。

明日は、休日・・・レシピを参考に試してみようかな・・・








Comment:4  Trackback:0
2018
08.21

プリンスエドワード島でつながったご縁

バンクーバーのAさんご夫妻から、嬉しいメルマガが届きました。 


以前プリンスエドワード島(PEI)旅行するにあたって、、当時、現地でB&BをしていたAさんご夫妻のブログを知り、

それがご縁で お二人がバンクーバーに移られてからも、月に1度メルマガを届けて下さいます。 


詳しくは、 コチラ ☆  と こちら☆   他にもありますが・・・
 

プリンスエドワード島フレンチリバー
PEI フレンチリバーを望む


少しだけ年上のお二人ですが、フットワークが軽く、行動力があり、お手本にしたいシニアライフ!



今回印象深い記事は、大人5人 RVキャンプの旅   目的地は、サンフランシスコ 。


「全く違った人生を歩いて来たシニア5人の旅・・・まるでロードムービーを実践しているような気になる 」とあり、

本当に、ロードムービー制作のネタ記事を読んでいるようで、興味深い・・・

そして、目的地では新しい出会いが‥ 刺激を受けています(*´∀`人 ♪カナダの事情もよくわかるし





昨日 PEI旅行で知り合った 大阪のKさん母が  名古屋を訪ねてくれました。    
Kさん母娘との馴れ初めは  こちら ☆ と こちら ☆


お友達と下呂温泉に行った帰りに立ち寄ってくださったので、 お土産が・・・ ( *´艸`)  ウフフ   

五平餅! 形は、仙吉さんや鈴愛ちゃんのと違いますが・・・
20180821五平餅まだ暖かく、美味しかった!
 



・・・・それと、「小説家朝戸麻央と七つの物語と七人の作家展」 で販売された 素敵な絵本。  

“終点は青い星”               ”木曜日のカフェ”
20180821地球は青い 20180821木曜日のカフェ


小説家の朝戸麻央さんとも、PEIから帰る機上で知り合いました。

朝戸麻央さんについては  コチラ ☆  と  コチラ ☆



“木曜日のカフェ ”はアーティスト由香里さんの挿絵で
20180821木曜日のカフェ (2)


「小説家朝戸麻央と七つの物語と七人の作家展」 には、Kさん母が誘ってくれましたが、


開催は、京都のギャラリーでお引越しの1週間前、


伺いたかったのですが、泣く泣く諦めました。   (* ´ ▽ ` *) だから、とっても嬉しい
 

手作りの限定絵本 大人の童話とぴったりの挿絵と・・・ PEIでのご縁とともに大切にしますね・・・


”終点は青い星” は安田菜摘さん
20180821地球は青い (2)


久しぶりにお会いするKさん母とは、新居で沢山おしゃべりしました。

朝戸さんと由香里さん菜摘さんの手書きのカードも、頂きました。

朝戸さんからは、、「物語がいつもそばにありますように。」 とのメッセージ
20180821メッセージ


m(_ _)m  よろしかったらポチっと
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村   


高校野球が今終わりました。 準優勝の金農は、もう20年も前、講師を務めた学校です。

当時は地区大会に出かけて応援してました。  今年は、TVに張り付いて応援してました。

よく頑張ったな~  ちょっとだけ、次回金農の話を・・・



Comment:0  Trackback:1
2016
11.13

プリンスエドワード島再訪‼…の夢

日本海側の北の街は、いよいよ雪の季節が間近です。

少し前(だいぶ前?)同僚から、嬉しい秋の味覚の最後のお裾分け・・・

IMGP0019.jpg  黄菊です。


今年も大量に頂きました。 (*´∀`人 ♪

花びらを外し、湯がいて、小分けにして、冷凍庫へ。

来年の秋まで少しずつ、酢の物にしたり、大根おろしや、サラダなどにまぜて色と香りを楽しみます。

 黄菊の酢の物
 相変わらずちょっと雑ですが (〃▽〃)


さて、2週間前の10月31日・・・

プリンスエドワード島(PEI) でB&Bを開かれていた日本人のご夫婦が、最後の営業を終えられました。



同時に、お二人が開設していたブログの更新も終了し、ブログ自体も12月で完全に消してしまわれるとのこと・・


PEIの情報や、生活の様子を楽しみにしていただけに、

思った以上に、寂しくて・・    (;д;) ブログロス・・・です・・



モンゴメリーゆかりの場所の紹介や、PEIでの生活がたくさん紹介されていて、

12月に消えてしまうまで、アンやモンゴメリーファンの方に訪れていただきたくて、

ここにご紹介させていただきます・(12月31日をもってブログは閉じられました)

シャーロットタウン3

PEIに再訪してお二人のB&Bに泊めていただこうと、夢見ていただけに、残念でなりません。 

変わらないものはない・・・  ちょと寂しい晩秋です。


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



以前イラク戦争を起こしたブッシュ大統領に対し、

アメリカ人の友人たちが、

「アメリカの良心が、次は絶対ブッシュを選ばない」と言っていたのに、

結局、ブッシュ大統領が再選されたのを思い出す。

まさかのトランプ氏・・・

私が心配しても、騒いでも、何も変わらないけれど、アメリカってここまで経済格差が深刻だったのね。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top