2016
02.25

北の街から世界を覗く

 朝起きると一面の雪景色です。
 冬が戻ってきてしまいました。 冷凍庫の中のように寒い朝です。

                     雪景色


そんな寒い雪国の小さな街の、暑い夏のお話です。

19年前の8月31日日曜日、日本海沿いのわがT町(当時はまだ市ではなかった)は国際交流のイベントで大いに盛り上がっておりました。
その日は朝から暑い暑い一日でした。

当時英語を話す人が少なくて、少しでも話せそうとなると、こういう行事にお声がかかりました。
バイリンガルの方がいない、小さな町に住む特権です。

さて、そのイベントには、イラン人の奥様と、マレーシアのエリート留学生たち、ドミニカ人の企業研修生が参加されており、
私は、イラン人の奥様付きでした。

日よけのテントの中でお目にかかったその方は、丈の長いベージュのトレンチコートを着て、ノドもとのところまでボタンをかけており、スカーフを頭からかぶり、あごのところで結んでいました。

その毅然とした横顔は凛としていて、涼しげで美しく、自分のノースリーブのワンピースが決してチャラチャラしたものではないのに、薄過ぎる気がしたものでした.

そして、お話をしていくうちに、なんだか自分が相手に失礼なことをしている気がしてきました。
こんなことは初めてです。あせればあせるほど、だんだん寡黙になる自分がおりました。

しばらくして、気がついたのです。そうか、彼女が、笑わないからだ。
イスラム教徒である彼女は、かすかに微笑むことはあっても、大げさに笑ったり、話すことはないのです。



結局、彼女の笑顔はその日一度も見られませんでした。


後日、その方が大変楽しんで、感謝しておられたと、人を介して伺いました。
もう少し、気後れせずにお話すればよかったと、とても悔やみました。

文化の違いと言う言葉を、本当の意味で実感した一こまでした。


一時間に電車一本のローカル線の町に住む平凡な主婦が、
異文化を少しだけ体験したその日は、 ダイアナ妃事故のニュースが世界を駆け巡った日でもありました。




ランキング参加しました。よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:0
2016
02.23

中2の魂アラカンまでも

Category: その他
初めてお菓子を焼いたのは、中学2年の期末テストの前日でした。

少女雑誌に載っていた、バターと卵のごくシンプルなもの。それをどうしても焼いてみたくなって。
レシピどおりに作ったクッキーは、少し硬かったけど芳ばしくて美味しくて、感激でした。(((o(*゚▽゚*)o)))

その味は、そうそう、鎌倉名物鳩サブレのようだったと記憶の中で美化されて・・・

・・・で今日は、そのクッキーのレシピの話ではなく、問題は、  
 期末テストの前日、  と言うところ。

実は今ものすごーく  忙しいのです。
お勤めの傍ら小さな教室を開いているのですが、一応事業所。
 そうなんです青色申告の時期。

一年分の領収書に囲まれて、青息吐息。 プラスお勤め仕事のほうも3月中旬までが、忙しさのピークです。
やらねばならぬことが山積みです。

それなのに、それなのに、

悪い癖が出て、ブログは更新したくなる、焼きたいお菓子のレシピが頭をよぎる、久しぶりにお弁当なんかも準備したり、

極めつけは、電車の待ち時間に立ち寄った書店で、読みたい本を見つけてしまい… (見つかるんですこういう時に)b(’0’)d

初めてクッキーを焼いた日からぜんぜん進歩していないなぁ。

要するに、先延ばしにして逃げているだけ。



外は雪が降ってきました。明日は積もりそうです。

そろそろ本当に取り掛からねばね。(。´・(ェ)・)

購入した本は「イスラム化するヨーロッパ」三井美奈著/新潮新書

欧州は今まさに、『イスラム化」の危機に瀕している。と言う解説に魅かれて手に取りました。


 ・・・本の解説している暇ありませんでした。    仕事しよう!!



ランキング参加しました。よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




Comment:0
2016
02.20

旅は道連れ  その2

Category: 読書
さて、旅は道連れ。続きです。 
帰路の飛行機で、偶然隣り合った彼女は、ライトノベル作家で、ペンネームを朝戸麻央さんといいました。

帰国後、早速彼女の著書を手に入れました。
まったくの好奇心からだったのですが、読後すっかりファンになってしまいました。

架空の設定やストーリーは、確かに10代向けライトノベルです。
(タイトルやイラストも…)

                  asadomao1.jpg


ですが、さりげないロマンスやユーモアは大人の読者も十分楽しめます。

質の良い児童文学を現代的にアレンジして、お行儀のよさを品良くちょっとはずした感じです。
アニメの原作を読んでいるよう。
と言うか、アニメにしたら面白そう。

ストーリーテラーで、何より言葉の使い方が真摯です。

「ライトノベルの読者は、読むことの面白さを知り始める年齢なので、言葉の使い方を気をつけています。
極力外来語は避けているんですよ。
日本語のよさを知ってもらいたいから。」とは,彼女の弁。

その朝戸さんが、昨年新刊を出版しました。

「妖怪センセの京怪図巻ー祇園祭にあわいは騒ぎ」(富士見L文庫)です。

                   asadomao3.jpg


あわいとは、間 のこと。
人間の心のありようを知るのが人間だけでは寂しいから、
「さみしい」の隙間を埋めるために存在している、
 あわいのもの=妖怪。
 
あわいのものが視える女子高生、瑞樹。
やはり視える従兄、古書店の店番兼妖怪絵師、多聞。
現代版の付喪神、マスコットのような衣笠さん(なかなか良く活躍します)

人の心が生み出したり、引き寄せたりする妖怪に憑かれた人々を3人(2人+1匹?)が助ける話です。

おどろおどろしい妖怪退治の話ではありません。
それどころか、随所に京都の町の日常の薫りがします。

京都で生まれ、暮らしている京女の朝戸さんだからこそ書ける京都の話です。

ろくしょうさんのイラストも、お話にぴったり。


「ひとは、勝手に救われるんだよ。…中略 
占いやおまもりに救われることだってあるかもしれない。
でもそれは『手助け』してもらっているだけで、みんな最後は自分で自分を救うんだ。・・・」
・・・多聞さんかっこいい!



働きながら書いている彼女の次の作品が、とても楽しみです。



ランキング参加しました。よろしかったらポッチと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村










Comment:0  Trackback:0
2016
02.14

旅は道連れ


一昨年、プリンスエドワード島(PEI)へ旅したときのこと。

帰路トロントまでの飛行機で、若い日本女性と隣り合わせました。
彼女は一心にノートに何か書いていましたが、ドリンクサービスを機に、話をするようになりました。

PEIで半年、ホームステイをしながら語学学校へ通っていて、その帰りだそうです。


飛行機



PEIは、小学校の頃、「赤毛のアンシーズ」(村岡花子訳/鈴木義治挿絵)を手にして以来、私の憧れの地です。      
 その地に半年! うらやましい限りです。


そう打ち明けると、彼女も「アン」の作者ルーシー・モード・モンゴメリのファンだとわかりました。
(PEIを訪れる旅行者は、たいていそうですが…)


プリンスエドワード島フレンチリバー
フレンチリバー2


トロントで4時間以上のトランジットの間、彼女と、やはり旅行中知り合った、モンゴメリファンのKさん母娘と、私の4人でアン、モンゴメリや旅の話で盛り上がり、トランジットの時間があっという間でした。


その彼女ですが、モンゴメリのファンというだけでなく、モンゴメリのように「書かずにはいられない人」だったのです。

ある出版社のライトノベルの賞を受賞していて、そのときまでに3冊、昨年1冊、本を出版しています。

ライトノベルはなんとなく敬遠していたのですが、彼女の作品を読んでみて、すっかり気に入ってしまいました。



今回の里帰りのお供に、昨年出版された彼女の新刊を携えて行きました。読むのは2度目ですが、大人が読んでも面白い!

それで、彼女を紹介するために、これを書き始めたのですが、
旅への思い入れが強くて、思いのほか前置きが長くなってしまいました。 (T_T)

作者と作品紹介は、また次回に・・・




ランキング参加しました。よろしかったらポッチと m(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comment:0
2016
02.07

ちょっとブレイク りんごのケーキ

Category: クッキング?
紅玉がとっても安く手に入りました。 (一個100円しなかった)
冷蔵庫にキープして、暇を見つけて少しずつジャムにしてみました。
すりおろして作ったり、皮付きのまま煮て漉してみたり。
で、とうとうラスト2個に…    
                    

             ringo.jpg



それで、先週の日曜日、子供たちが小さなころよく作っていたりんごケーキを焼きました。
結構いろいろなところで見かけるレシピです。 とっても簡単です。

まず  (サラダ油 1/2カップ  卵 2個  砂糖 1カップ )を
ボールでなめらかになるまで、ガーっとかき混ぜます。

次に (薄力粉  2カップ ベーキングパウダー 小さじ1  塩一つまみ シナモン)  
をふるい、 ボールに加え、心持サックリ混ぜます。シナモン多いほうがおいしい。
     
りんご3~4個の皮をむき 厚めのいちょう切りにして、ボールに加えサックリ混ぜます。
      かき揚げの種のような感じになります。
      今回は、りんご2個なのですべて半量で作りました。

                     yakumae.jpg


これを20センチぐらいのタルト型か、四角い鉄板に1~2cm厚さになるよう流し入れ、180度のオーブンで30分位焼きます。
焼き加減はお好みで。


              焼きあがりました。

                      yakiagari.jpg

 焼き立てより少し時間が経ったほうが、しっとりしておいしいです。




                      007.jpg


ゆっくり紅茶と楽しみました。たまにはこんな日曜日もいいですね。

今週は、郷里に里帰りです。私の場合、田舎から大都市へ・・・  旧友に会えるのが楽しみです。 
久しぶりに女子トークでストレス発散です。ただちょっと試練も待ち構えていて… 

まあ、いろいろな風が吹いてくるから、仕方ないですね。 時には、避けられない風もある・・・(´・_・`)











ランキング参加しました。よろしかったらポッチと m(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





Comment:0
back-to-top