2016
10.30

秋深し・・・隣は何を聴く人ぞ

Category: 音楽
10月初旬、一つ年を取りました。

公開するのも、どうかとは思うのですが・・・ついに、大台です。(#^.^#)

諸事情あって、慌ただしい誕生日でしたが

IMG_20161004_064920_BURST004_20161030195543.jpg  素敵なお花や・・・

赤いスカーフ、赤いバッグ、赤いセーター、赤ペン1ダース((-∀-)❓❓❓)などなど・・

いくつになっても、お誕生日のプレゼントはうれしいものです。



もう一つ、お誕生日の直後、ワイナピチュバンドのリーダーのサントスが

大好きな「Vasija de Barro」ー素焼きの壺 という歌を公開しました。

o(≧ω≦)o た、誕生日プレゼント‼‼ だと無理やり、勝手に、思いたい・・・


エクアドルの歌で、アンデスの人々の死生観が伝わってくる、素朴な曲…



サントスも、とっても素朴に歌っています。・・ちょっと素朴すぎる?( ̄^ ̄)カモ





私が死んだら素焼きの壺に入れてください。
冷たい土の中に・・・。
先祖達もそうしたように・・
月日がめぐり、忘れ去られたころ、愛と真実の花が咲くでしょう。


私がよく聞くのは、エクアドル出身の歌手やグループが4組で歌っているもの。

言葉の一つ一つが丁寧で、胸に迫ります・・


唯一の女性ボーカル Mariela Condoの澄んだ、丁寧な歌いかたや、

紫の Jayac,や、 赤と緑のLos 4 del altiplano,の情熱的な歌声、

17秒、38秒頃からの Bocapeloのアカペラは、一聴の価値あり。







9月からは12年に一度というてんびん座の大幸運期・・

・・・のはずなのに、なんだかドタバタ駆け回ってばかり・・


今後に期待しよう・・と

よろしかったらポチッと、 m(_ _)m 
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
back-to-top