2017
02.26

まぼろしの都のインカたち と高野潤さんの写真集

Category: 読書
相変わらずの・・同じような・・見づらい写真ですが・・・カメラ替えよう・・

100羽以上の白鳥の大集団が北へ帰っていきます。 ((^.^)/~~~また来年ー)
  2月23日北帰行2 2月24日の空 
                               空も春色になってきました‥

この時期、どちらのお仕事も忙しさがピークですが・・先が見えてきました・・o(≧ω≦)oあと少し


インカの話をもう少しだけ・・・ (=∀=)ちょっとシツコイ


やなぎやけいこさんの 「はるかなる黄金帝国」「まぼろしの都のインカたち」

史実に基づいた丁寧な構成になっていて、滅びゆくインカ帝国が描かれています。


お話は面白いし、時代考証やインカの風習など研究書なみの情報量。

こんな名作が絶版なんて、おしいなーと思います。

まぼろしの都のインカたち
まぼろしの都のインカたち

1571年、前回ご紹介したティトウクシは、天然痘で亡くなったといわれています。

幼少期に一時捕らえられ、クスコのスペイン人オニャテ家で暮らしたこともあり、

異色?のインカだったような気がするのですが、

もう少し彼の治世が長かったら、と思うのは穿った見方でしょうか?

その死は毒殺だったとの説もあり、真実はわかりません。


インカの皇帝は、亡くなるとミイラになって生前と同じように敬われるのですが、

スペイン軍がビルカバンバに攻め込んだ時、

歴代インカ皇帝のミイラは全部焼き捨てられたそうで、

今となっては、鑑定もできません。


ビルカバンバ襲撃1
「まぼろしの都のインカたち」より、ビルカバンバ襲撃の挿絵


インカ最後の皇帝は、ティトゥクシの弟トゥパックアマル・・・

後に抵抗勢力の象徴として、度々名前が使われますが、

誇り高い彼は、スペイン人と抗戦の構えをとり、

皇帝を継承して1年余りで、ビルカバンバが襲撃され、とらえられてしまいます。



「1572年、トゥパック・アマルが、処刑されるとき、

集まった先住民の全群衆が悲しみの叫び声を挙げて涙を流した。

この様子に、トゥパク・アマルは右手をさっと挙げて人びとを静まらせた。」(ウィキペディアより)

TupacamaruI.jpg



やなぎやけいこさんは、まぼろしの都のインカたちで、このように書いておられます。


「クスコの街の中の中央広場は、何千人ものインデイオで、

身動きできないほどだった。…中略・・

トパックアマル―は1段高く作られている処刑台に上った。

褐色の人々の泣き叫ぶ声は、さらに激しくなった。

スペイン人は、脅したりすかしたりして、何とかこの騒ぎを鎮めようとした。

だが泣き叫ぶ声は、ますます大きくなるばかりだった。

お互いの声も聞こえないほどだった。…中略


トパックアマルーは、5本の指を広げた右手をさっと高く上げた。

すると、褐色の人々の泣き叫ぶ声は、抑えきれない嗚咽になり、やがてそれも消えた。


広場は、ほんの少し後には、まるで生きものがいないかのように静まり返った。

それは、人々が見せた皇帝に対しての恐ろしいまでの従順さだった。」


こうして、インカ帝国は最後の時を迎えたのです。



もう一つ、お薦めの高野潤さんのインカの本・・
高野潤写真集 

アンデス全域を歩かれた、写真家高野さんの貴重な写真がいっぱいです。

ビルカバンバとされるエスプリトゥパンパの写真も、この本で初めてみました。


知ったかぶりのインカばかりでしたが・・・よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



今週のお弁当(❓)・・鮭弁、コロッケ弁、お結び
鮭弁 コロッケ弁当 お結び弁当








Comment:0  Trackback:0
2017
02.19

インカの反乱・・・文字がない文化に残された手紙

Category: 読書
いつものような写真ですが・・(#^.^#)
2月14日雪の晴れ間 2月14日校庭 職場のデスクから見える冬景色

・・・まだまだ冬の北の街です。

同じように雪深いプリンスエドワード島から、嬉しいメルマガ定期便が・・.゚+.(・∀・)゚+.



で、気になる記事があったのでご紹介・・・(m(__)m勝手に情報を使わせていただいております)

昨年から30年ぶりにカナダCBCが制作している赤毛のアンのTVシリーズ(全8話)が、

Netflixで配信され、日本では5月12日に第1話が放映されるとの情報が・・・o(≧ω≦)oミタイ・・



Netflixは、使ったことがないのですが・・・無料体験から始めてみようかな・・・

春になるのが、楽しみです。




文字を持たないインカ帝国(ケチュア語でタワンティンスウユ)において、

唯一時のインカがスペイン人に口述筆記させた(手紙?)が、出版されています。

「インカの反乱」。 作者は、ティトゥ=クシ=ユパンギ。 (インカとは皇帝のことです)

インカの反乱



クスコ占領後、スペイン人は、マンゴ・インカというインカを擁立します。
(名ばかりのインカの力を借りて、先住民を治めようとした。)

ところがこのマンゴ・インカは、結構骨のあるインカで、

スペインに対して謀反(❓)を起こし、

スペイン人が踏み込めない山岳部のビルカバンバで、インカ帝国を存続させます。

マンゴインカマンゴ・インカさん





ティトゥ=クシ=ユパンギは、彼の息子で、兄のサイリトパックからインカを継承して、

ユニークな方法で、スペイン人と立ち向かうのです。


キリスト教に表向き改宗したり、 宣教師を近くに住まわせたり・・

その一方で、スペイン人を襲わせたり・・・

ティトゥ・クシティトゥ=クシさん


インカの反乱は、ティトゥ=クシ=ユパンギが

マンゴインカの反乱の正当性や、

自分が正統なインカの後継であるということ(実は、彼は非嫡子)

ピサロによって征服されてからのペルーの惨状、先住民の窮状を

スペイン国王フェリペ2世に対し訴えようと口述筆記したものです。



読みやすいのですが・・・興味がなければ、つまらないかも・・



ティトゥ自身の、また筆記に関与したスペイ人たちの意図が、

内容に反映していると想像されるため、歴史的な信ぴょう性も薄いとされていますが・・・



文字を持たないインカが、文字で訴えようとした・・

何だかそのユニークさにひかれて、いろいろ調べてみたら、

このインカたちを題材にした児童文学を見つけました。



やなぎやけいこさんの「はるかなる黄金帝国」

            .と 「まぼろしの都のインカたち」 です。

今はもう絶版なのですが、これがとっても面白くて・・・名作です。


長くなりました・・・つづきはまた・・

堅苦しい内容ですが・・・よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




お弁当生活続いてます・・オムレツ弁当、4色弁当、牛丼、サーモンとチーズと卵焼きサンド
2月13日オムレツ弁当 2月15日三色弁当 
2月16日牛丼弁当 2月17日スモークサーモンとクリームチーズ、卵焼きサンド



Comment:2  Trackback:0
2017
02.12

ちょっと寄り道・・・・大雪の話

Category: 雪国の暮らし
2月10日朝、駅に向かう途中、空の上からにぎやかな声が・・・

見難い写真ですが・・・気の早い白鳥の北帰行が、始まりましたよ 
北帰行2 北帰行1 2月10日撮影

地上は、まだ雪景色なのに・・季節は動いているのですね。
2月10日雪

冬もあと少し・・ようやく・・春の兆しが ( ̄^ ̄) ジーン・・と感動していたのに・・・


翌日は、大雪・・・  折しもその日は、1年1度の土曜出勤の日


朝、大雪にもめげずに動いている JR O線にのって、いざお仕事・・


お昼頃、雪はますます激しくなり・・・窓の外はホワイトアウト・・何も見えない・・


        (-∀-) イヤーな予感・・・


お仕事 放りだして 終えて 駅へ向かうと・・・

あの最強の電車が・・・午後から終日運休してしまいました。


(´Д`*) どうやって帰ろう・・・



幸い途中駅まで行く電車を発見、発車寸前に飛び乗りました・・

ポイントが切り替わらないと、何度も止まりながらようやく途中駅へ・・


そこから代行タクシーを出してくれたのですが、一時間待ち・・・

・・・それでも何とか家にたどり着きました・・・。゚(゚´Д`゚)゚。 着いたー


その後、全部の電車が止まってしまったそうです ・・ 飛び乗ってよかった


それから・・

雪で埋まった玄関を掘り出し・・・・・・小さなお教室を掘り出し・・・・・・
2月12日玄関 2月12日教室(=∀=)おおげさな・・

土曜日の教室は日曜に変更・・相変わらずドタバタな週末でした・・


( 一一) 疲れた~ (・・ということで・・インカの話は次回にね・・) 


でも・・

鳥取の皆さんは、もっと大変だろうなと思います。心よりお見舞い申し上げます




前回記事のYou Tubeで見つけた「コンピューターおばあちゃん」の動画ですが、

NHKの著作権に引っかかったとかで削除されておりました・・

何だか・・・・(;゜0゜) ゾー・・・一週間もしないのに・・・

かわりにYMOのを張り付けましたが・・また削除されるかな・・・


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


お弁当熱継続中・・・炊き込みご飯や、焼鳥弁当・・日の丸弁当?・・・
炊き込みご飯 2月9日お弁当 お弁当2月














Comment:0  Trackback:0
2017
02.05

幻のインカ…のはずが、コンピューターおばあちゃん?

Category: その他
2月2日ブリザードのような天候になりました。

他の路線は、遅れたり運休したりするのに。

通勤に使うO線は、ほとんど遅れず吹雪の中を走ります。
2月2日雪のO線 ちょっと、古い車両だけど・・.゚+.(・∀・)゚+.頼もしい・・・

東日本大震災の時、運休していた列車が4日ぶりにホームに入ってきた時には、

待っていた乗客が、思わず拍手で迎えました・・・とっても安堵したのを覚えています。



でもね・・頼もしいけど・・・電車が動けば、お勤め仕事は休めない。(T_T)

吹雪の中を出勤です。 
2月2日D駅 一瞬吹雪が静まったホームは、線路も真っ白・・

後ひと月の辛抱・・・せいぜい・・吹雪を楽しみましょうか・・ (=∀=)どうやって???




さて、前回に続いてペルー、インカの話をもう少し・・



もともとインカとは、ケチュア語で王様とか皇帝を表す言葉で、

インカ帝国は、ケチュア語でタワンティンスーユと呼ばれていたそう・・・


約束の金を部屋にいっぱい集めたにもかかわらず、F・ピサロ率いる少数のスペイン人に、

当時のインカであったアタワルパが処刑され、クスコが征服された話は有名ですが、



その後もビルカバンバという幻の都で、スペイン人のコンキスタドールに抵抗しながら、

細々とインカ帝国を維持していたインカたちがいたそうです。(最後のインカは有名なトゥパック・アマル)

マチュピチュウィキペディア発見者ビンガムはマチュピチュをビルカバンバと信じていたそうですが・・・

何代インカが継承されたのか、そもそもビルカバンバがどこなのかは、(現在はエスピリトゥ・パンパがビルカバンバとされている)

インカ文明が文字を持たなかったため、詳しくは、わからないそうです・・m(__)m蘊蓄が長くて

そんな文字を持たないインカ文明において、一人だけ記録を残したインカがおります。

・・・でティトゥ・クシ・ユパンギという最後から2番目のインカの話と、

彼が残した記録と、彼を題材にした絵本の話を次回に・・ (〃▽〃)前置きが長かった・・



慌ただしかった年の初め、一番うれしい知らせは、息子夫婦から・・・(*ノ∪`*)ムフフ・・

もしかしたら、おばあちゃんになるかも・・・

立派な いじわるばあさん コンピュータおばあちゃんになるのが、夢です。(昭和生まれだけどね・・)

  いじわるばあさん

 

話があちこち跳んでますが・・・ よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


お弁当生活、まだまだ継続中・・・金曜日はパンのお弁当の日。
1月31日お弁当 2月3日クロワッサンサンド












Comment:2  Trackback:0
back-to-top