2017
02.05

幻のインカ…のはずが、コンピューターおばあちゃん?

Category: その他
2月2日ブリザードのような天候になりました。

他の路線は、遅れたり運休したりするのに。

通勤に使うO線は、ほとんど遅れず吹雪の中を走ります。
2月2日雪のO線 ちょっと、古い車両だけど・・.゚+.(・∀・)゚+.頼もしい・・・

東日本大震災の時、運休していた列車が4日ぶりにホームに入ってきた時には、

待っていた乗客が、思わず拍手で迎えました・・・とっても安堵したのを覚えています。



でもね・・頼もしいけど・・・電車が動けば、お勤め仕事は休めない。(T_T)

吹雪の中を出勤です。 
2月2日D駅 一瞬吹雪が静まったホームは、線路も真っ白・・

後ひと月の辛抱・・・せいぜい・・吹雪を楽しみましょうか・・ (=∀=)どうやって???




さて、前回に続いてペルー、インカの話をもう少し・・



もともとインカとは、ケチュア語で王様とか皇帝を表す言葉で、

インカ帝国は、ケチュア語でタワンティンスーユと呼ばれていたそう・・・


約束の金を部屋にいっぱい集めたにもかかわらず、F・ピサロ率いる少数のスペイン人に、

当時のインカであったアタワルパが処刑され、クスコが征服された話は有名ですが、



その後もビルカバンバという幻の都で、スペイン人のコンキスタドールに抵抗しながら、

細々とインカ帝国を維持していたインカたちがいたそうです。(最後のインカは有名なトゥパック・アマル)

マチュピチュウィキペディア発見者ビンガムはマチュピチュをビルカバンバと信じていたそうですが・・・

何代インカが継承されたのか、そもそもビルカバンバがどこなのかは、(現在はエスピリトゥ・パンパがビルカバンバとされている)

インカ文明が文字を持たなかったため、詳しくは、わからないそうです・・m(__)m蘊蓄が長くて

そんな文字を持たないインカ文明において、一人だけ記録を残したインカがおります。

・・・でティトゥ・クシ・ユパンギという最後から2番目のインカの話と、

彼が残した記録と、彼を題材にした絵本の話を次回に・・ (〃▽〃)前置きが長かった・・



慌ただしかった年の初め、一番うれしい知らせは、息子夫婦から・・・(*ノ∪`*)ムフフ・・

もしかしたら、おばあちゃんになるかも・・・

立派な いじわるばあさん コンピュータおばあちゃんになるのが、夢です。(昭和生まれだけどね・・)

  いじわるばあさん

 

話があちこち跳んでますが・・・ よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


お弁当生活、まだまだ継続中・・・金曜日はパンのお弁当の日。
1月31日お弁当 2月3日クロワッサンサンド












Comment:2  Trackback:0
back-to-top