2017
04.30

お引っ越し準備・・GW編

Category: お引越し
先週木曜日、雹が降りました・・・

、大人の小指の先ほどの大きさもあって・・・すごい音(°_°)
2017427雹2 2017427雹1

風の強い日も多く、・・寒くてまだ暖房つけてます。

そのせいなのか、今年、桜のお花が少ないです・・

去年の桜           同じ場所から撮影した今年の桜(これで満開)
2016桜2 2017427桜






やってきました・・・GW ‼‼ 

お勤め仕事は、月曜日もお休み ヽ(≧∀≦)ノ バンザーイ火曜日は、小学校へ行きますが

今年は、お引越しに備えて、お家中を断捨離です・・(*`^´)=3ガンバルゾ


息子の結婚式のため、昨年ハワイで過ごしたことが、夢のよう・・・
 ハワイ夕景12016430 今頃は、ビーチを散歩してたっけ・・




お引越しノートを作って、このGWの目標を立ててみました。


GW中は、押し入れや箪笥、本棚などにバラバラに入っている物を、

アイテムごとに一か所にまとめ・・・まとめる場所もそれぞれ決めて・・


さらに、そのまとまりを

今使っているもの、今使っていないけれど取っておくもの、

捨てる決断できないもの、捨てるものに分けることに・・・・(ついでに処分の仕方も決めます)


ハワイ夕景22016430 ハワイの夕陽・・きれいでした

昨日から張り切って、手を付けたのですが・・・


本、  CD,  DVD 食器類、台所用品 写真 、ハガキ・手紙、 文具

衣類、  やりかけの手芸用品、 教室の書類、靴、バッグ


キャンプ道具、寝具、工具 ・・・etc.・・・ etc. Σ(´Д`*)なんでこんなに・・・

後から、後から・・いろいろなものが出てきて・・・天体望遠鏡、顕微鏡

・・・古いレコードやバービードール(私の)まで出てきて・・・(=∀=)挫折しちゃおうかな・・・



ダイヤモンドヘッドから ダイアモンドヘッドより



・・・どんなGWになることやら・・・

・・・明日は、一休みして・・「美女と野獣」・・見に行こうかな・・・


あーあー去年にもどりたい・・・。゚(゚´Д`゚)゚。



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

これを機会に、生活全般を見直そうと

冷蔵、冷凍庫の中も断捨離中。

GW中は、ストックの缶詰類、非常食もいったん使い切って、

食材は野菜以外は買わないで、できるだけやってみようと

献立を細かく立てました・・今夕は・・・


余分に作って、冷凍にしておいたホワイトソース、

お弁当用に小分けで冷凍してあるエビ、

使い切れず、みじん切りにして炒め、冷凍にした玉ねぎで、

クリームコロッケを作りました。(*´▽`*) またまた有能な主婦になった気が・・

・・・・が、パン粉がない・・パン粉にするパンもない・・・(まだ焼いてない)

仕方なく、唯一開いているコンビニで買いました・・ハーゲンダッツのアイスクりーム、その他もろもろとともに・・・明日の朝食のパンも・・

早くも挫折・・・美味しかったから、まっいいか・・・・(〃▽〃)

エビクリームコロッケ






Comment:2  Trackback:0
2017
04.23

北の国からカナダを想う

桜の季節になりました!!(相変わらずの写真の腕前ですが・・m(__)m)


一週間前 職場の桜は2~3輪開花     昨日、通勤途中の桜が満開
2017桜4月17日 20174月21日桜

今週は、お花見本番。


他のお花も次々開花して、

日本海側の北の街もようやく春になりましたよ +゚。*(*´∀`*)*。゚+


そしてこの人 この花も美しく咲きました・・乙女椿の浪費家ポンパドール夫人
 2017423ポンパドール夫人 Boucher_Marquise_de_Pompadour_1756.jpg

いつもの年より、お花が沢山・・・以前記事にしたように・・・ちょっと複雑です。

今年の秋が思いやられます(´-`*) 詳しくはコチラ☆




プリンスエドワード島(PEI)から、嬉しいメルマガ届きました。

送ってくださったAさんご夫妻は、

ただいま車でバンクーバーへ向かう旅の真っ最中



PEI最後のメルマガには、PEIで親しくしていた方たちの紹介の記事が

Aさんご夫妻とご一緒の写真と掲載されていて…思わずホロリ・・・(っω・`。)


また、こんな記事もありました。

赤毛のアンの舞台、グリーンゲイブルズ改修工事が3年がかりで行われるとのこと

観光シーズンに工事は行われないようですが、

今秋、新たにビジターセンターが建築される予定だそうです。


やはり再訪して、新しいグリーンゲイブルズを見なくちゃね・・・

(橋が工事中で、恋人の小径も歩けなかったしね・・・)



3日前の水仙とチューリップ
2017水仙2 2017水仙1 2017チューリップ雪国のチューリップは、やっと満開ですよー


先月、息子たちと食事をした時に、

「暮らすならカナダがいいなー」 と息子が言います。


カナダのトルドー首相が、トランプ大統領の入国禁止措置に対抗して、

「信仰の如何に係わらず迫害、恐怖、戦争から逃れて来た人たちをを歓迎します。

多様性はカナダの強みです。」 とツイートしたのを踏まえてのことです。



Aさんご夫妻も、

トルドー首相のツイートや

その後の難民受け入れについて記事にしておられます。

カナダの良識を感じさせる記事に、感心させられることしばしばです。


そのカナダのバンクーバーは

世界一住みやすい都市のひとつで、

カナダ一のデジタルメディア産業の都市(世界でもトップクラス)・・・・


お二人の次のメルマガが楽しみです。



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


フランス大統領選が気になる日曜日ですが、

イギリスEU離脱、アメリカ大統領選・・・・

ミサイル着弾の誤放送、

着弾想定の住民避難訓練 都道府県に要請

なんだかカードが一枚ずつそろっていくようで・・・







Comment:0  Trackback:0
2017
04.16

江戸の絵画のミステリー

Category: 読書
春にふさわしい、日本酒をいただきました。

「草木谷からの爽風(かぜ)
草木谷からの爽風 ピンクのグラスはマイぐい飲み

くださった方が、田植えから参加して育てたお米で醸造してもらったという、

貴重な一本・・・☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆うれしいー

頂くのが楽しみです・・特別な日に開けようかな・・


さて、前回ご紹介した今橋理子さんの著書


『江戸の花鳥画 博物学をめぐる文化とその表象』スカイドア、1995/、2017
『江戸絵画と文学 <描写>と<ことば>の江戸文化史』東京大学出版会、1999
『江戸の動物画 近世美術と文化の考古学』東京大学出版会、2004
『秋田蘭画の近代―小田野直武「不忍池図」を読む』東京大学出版会、2009
『兎とかたちの日本文化』東京大学出版会、2013     ・・・・いろいろありますが・・
  


今回は、『江戸の花鳥画・・』 と『 江戸絵画と文学 ・・』 を少しご紹介・・
江戸の花鳥画と江戸絵画と文学


日本画の単なる解説本ではなく、

描かれた絵に込められた、メッセージを読み解く・・絵解きという、

ミステリー好きとしては、たまらない面白さがあります。




調べるだけでも、何年もかかるのではないかと思われる、

膨大な資料・・・・文献、古文書、古地図、短歌、俳句など・・を基に

絵に込められた、その時代を反映するメッセージや 芸術の普遍性を

専門家でなくとも分かるように読み解き、解説されていて・・・


どんな風に面白いかというと・・・(*´艸`*)フフフ


一見西洋画、この2つの鷺の絵・・・とても良く似ていますが・・・
江戸の花鳥画より江戸の花鳥画より

黒っぽいほうは、秋田蘭画の小田野直武が描いたもの

白いほうはアメリカの画家・鳥類研究家ジョン・ジェームズ・オーデュボン画


小田野直武没後に、オーデュボンは、生まれているので、
秋田蘭画の鷺のほうが、時代的には先に描かれた・・


2人は、当然出会ったこともなく、お互いの絵を見たこともないのだそう。



また、北斎の不思議な構図の西瓜図 このような構成で、野菜や果物を描くのは前例にないそうですが、
西瓜図1 西瓜図2 ウィキペディアより

七夕の設えに見立て描かれた絵であるという解釈を、

いろいろな資料を積み上げて、解き明かします。


西洋絵画が大好きでしたが、日本画に興味を持つようになりましたよ。
その時代の短歌や、文献の引用も面白く・・・この2冊以外もおすすめです。





またまた、知ったかぶりの記事ですが・・
よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


プリンスエドワード島(PEI)のAご夫妻から、メルマガ定期便が届きました・・・.゚+.(・∀・)゚+.嬉しいなー

昨日(15日)、PEIを出発なさったそう・・・詳しくは次回に・・お気をつけて・・



本格的にお仕事が始まった今週ですが、希望が通って、忙しさは、昨年度の2/3ほど・・

お弁当を持っていくのも週1〜2日となりました  \(^o^)/わーい
4月12日お弁当 4月10日お弁当










Comment:0  Trackback:0
2017
04.09

「不忍池図」の前で・・・

Category: 絵画
お仕事で忙しくなる前にと、先日パンを焼きましたよ・・

ヨーグルトの水切りをしてホエ―が沢山出たので、

・・・ホエ―入りパンドカンパーニュ風テーブルロール・・・
パンドカンパーニュ風 焼きむらが・・・💦

全粒粉を混ぜ、大粒レーズン、イチジク、くるみをたっぷり入れて・・・

モチモチふわふわ・・・美味しい~(´艸`*)




いつもお邪魔しているブロガーさんたちの記事に

お花見や、お散歩途中の桜や、春のお花の話題が多くなって

・・・・ちょっとうらやましいこの頃

先週、最寄りの無人駅の水仙が、やっと蕾を持ってきたので、パチリ

4月4日水仙

同じ日、長野在住のブロガーさんのブログにも (いつも楽しみにしておりますm(__)m)

ほとんど同じ生長具合の水仙の写真がアップされていて、嬉しくなってしまいました。
花の季節ももうすぐですね~ ♪




日本画に、まったく興味がなかったのに、偶然入った秋田蘭画の絵画展で魅せられて、

秋田蘭画についてはコチラ💛 と こちら💛 と コチラ💛

期間限定で公開される秋田蘭画をよく見に行くようになりました。



数年前、公開中の代表作「不忍池図」(小田野直武画)を見に行った時の事。


他にはほとんど人がいないのに、

その絵を熱心に見ている女性がおりました。


不忍池図


少し離れて、その方が鑑賞し終えるのを待っていましたが・・・・(T_T)一向に終わらない


・・・・・単眼鏡までだして、近づいたり、離れたり・・


余程、「不忍池図」が好きなんだなー・・・ 私も好き・・と思い、


思い切って声をかけてみました・・ミセテクダサイナ(〃▽〃)オ○タリアン全開・・



その方、今橋理子さんは、なんと秋田蘭画の研究者・・


秋田蘭画が好きで・・・ということから話が広がって、

「不忍池図」の前で、2時間近く秋田蘭画についてお話を伺うことが出来ました。


私の稚拙な質問にも辛抱強く答えて下さり・・今思うと恥ずかしい(*´~`*)嬉しかったけど‥



・・・で、今橋さんの著書について書くつもりでしたが・・・

またまた・・・前置きが…長くて ・・・

よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


月曜日から、お勤め仕事再開です・・(。-∀-) 早起きつらい・・










Comment:0  Trackback:0
2017
04.02

桜の画家の物語

Category: 絵画
4月になりました!雪の気配がなくなり・・ 春になった・・のよね・・(´・ω・)??

・・この時期一夜にして雪景色・・などということもあって

なかなか気の抜けない日本海側の北の街なのです。


桜の季節は、まだ半月以上先・・・・待ち遠しい・・・
2016 4月 桜


京都でも、あちこちで 桜の木や 桜並木を見かけましたが、

ほとんどが固い蕾でした   …残念!

原谷苑・・梅と黄色いミツマタ(和紙の原料)
原谷苑2 原谷苑1 花がついていない木が桜

・・満開になったらきれいなのでしょうね・・・(人も多いかな・・)




その京都に、江戸時代の中期、 三熊派と名付けられた

桜の花だけを描く、 桜に魅せられた画派が存在したそうです。



始祖は、三熊思孝・・・自ら 花顛(桜狂いの意) と称するほどの桜好き。

桜は日本だけの花だと信じ、各地の桜を訪ね歩き、

桜の種類を枝葉によって描き分けたり、

他の事物と一緒に描かないなど、  独特の画風を作り出します。



三熊派は、思考に師事した広瀬花隠、 思考を継承する妹の三熊露香

露香に師事した織田瑟々(しつしつ)と その息子貞逸が、

60年間、 桜だけを描き続けた画派(天保3年(1832)まで



三熊思考画    織田瑟々画  この時代、桜と言えば山桜。
三熊思考 八重山桜図  織田瑟々【おだ・しつしつ】異牡丹桜真図 (インターネットより)


織田瑟々は、あの織田信長の九男の遠い子孫で、

描いた桜画は、織田桜と称され数多く現存しているそうです。


というのも、若くして夫を亡くし、後に出家した瑟々は、

描いた絵をお世話になった人々に与え、その人々が大切に守り、今に伝わっているそう・・



桜花だけを描く画派なんて・・さすが京都・・(´∀`*).何だか素敵

散り行く桜を、時を超えて残してくれたのですね。


三熊派の名付け親は、学習院女子大学教授の今橋理子さん。

今橋さんは、私の大好きな秋田蘭画の研究者でもあります。

次回は、三熊派を知るきっかけとなった今橋さんの著書をご紹介・・



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村





Comment:0  Trackback:0
back-to-top