2018
01.28

寒波の中の日帰り・・横浜

Category:
先週、冬が戻ってきました・・・・・・大寒波到来!

連日冷凍庫の中かと思うほどの寒さ・・・日本全国こんな感じなのでしょうね。

雪の駐車場 …吹雪いています。
20180124雪の駐車場



この寒波の中・・・

お嫁さんの職場復帰が早まり、忙しくなる前に、私の母にひ孫を見せてあげたいと、

週末、日帰りで横浜の実家に里帰りしました。息子夫婦(名古屋)とは、実家の最寄り駅で待ち合わせ


日本海側北の街から、始発の新幹線で向かう私は、新幹線が発着するA駅のビジネスホテルに前泊。


朝5時半夜明け前、駅へ向かいます。雪が深々と降っている・・・無事たどり着いて.・・・(´・_・`) 帰ってこれるだろうか
20180127夜明け前 夜明け前のバスターミナル


発車後、しばらくすると夜が明けてきました。
20180127車窓より夜明け 20180127車窓より夜明け5 新幹線の車窓より 
20180127車窓より夜明け2 20180127車窓より夜明け4 朝日が・・・(´▽`*) きれい


定刻より少し遅れましたが、無事東京駅着。偶然、息子たちと同じ電車に乗り合わせ・・・


久しぶりに、孫と対面しました・・・やっぱりかわいいわー( *´艸`)


実家に滞在できたのは、2時間弱でしたが、母の喜ぶ顔を見て、そそくさと暇を告げ、

後ろ髪をひかれる思いで、新横浜で孫と別れ、帰路につきました。


夜10時我が家着。(つω-`。) 疲れた・・・

20180127車窓より夜明け3 行きの車窓より


今回利用したのは、

50歳以上が加入できる、JR東日本 大人の休日倶楽部(年会費2575円) から

会員限定で、1年に何回か発券される、特別割引切符。

東北、関東地区4日間乗り放題(新幹線、特急など6回まで指定可能) 15000円


これ、とってもお得です。・・・ただね・・・

新横浜から乗った東海道新幹線は、JR東海なので、バッチリ料金がかかってしまいました。(T_T)

とりとめのない、話で・・・よろしかったら ポチっと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  





Comment:2  Trackback:0
2018
01.21

フィリピン戦跡訪問・・・行けなかったモンテンルパの刑務所

お勤め仕事が始まって1週間・・・また忙しくなりまた。 

先日、市役所に用事があった時に、立ち寄った公園に・・・

雪が、まったくありません・・・あれから1週間以上たっても積雪なし
2019112グリーンランド4 2019112グリーンランド3

異常気象だとはわかっていても・・・このまま春にならないかなー




フィリピン戦跡訪問、最後の訪問地は、モンテンルパのニュービリビット刑務所。

ここは、大戦終了後、元日本兵が戦犯として108人(死刑囚54人含)収容されていました。


ここに収容されていた死刑囚、代田銀太郎さん(作詞)伊藤正康さん作曲)のお二人が、

死刑執行を待ちながら、望郷の念を込めて作った 「あゝモンテンルパの夜は更けて」




ニュービリビット刑務所 ウィキペディアより


この歌が、親日家フィリピン人 ピオ・デュラン国会議員、歌を歌った歌手渡辺はま子さん達の尽力で

当時のキリノ比大統領(妻と子供3人を日本兵に殺されていた) の心を動かし、

大統領特赦で、当時収容されていた日本兵全員が釈放、帰国出来きたそうです。



政治的、経済的な背景があるという見方もあり、

初期には14人の死刑を執行したキリノ大統領ですが、

家族を日本兵に殺されたにもかかわらず、

「個人的な怨みをいつまでも持ち続ければ、子供たちも、次々と永遠に持ち続けることになる。

隣国日本とは,親しく助け合って共存共栄の実を挙げなければならない。

私恨を断ち切らなければならないと決心した」・・・と特赦を決めたのだそうです。




体調を崩した私は、バスから降りられず、悲しいことに、モンテンルパの記憶は全くありません。


・・・夕方ホテルに戻ってベッドへ直行、

フィリピンガイドの女性が、香油(ユーカリ?)をお腹に塗ってくれました。+゚。*(*´∀`*)*。゚+やさしさが、お腹にしみる・・


2019112グリーンランド G公園 春のよう・・



うとうとしかけたところに、チャイムが・・・

もとパイロットの一人Oさんが、具合の悪いところ申し訳ないけれど・・・と前置きされて・・

戦時中フィリピンで知り合った家族が、ホテルを尋ねてくるので、寝たままでいいので通訳をお願いしたい・・・と。

大きな体を小さくして、すまなそうにおっしゃいます。



2019112グリーンランド2 雪のないG公園


ほどなく、戦後に生まれた2人のきれいなお嬢さんを連れたご家族が到着・・・部屋に入ってもらい・・

よく 生き延びたと・・・抱き合っての感動の対面となりました。  ジーン 。゚(゚´Д`゚)゚。もらい泣き

左インターネットより 翌朝、出発までリサール公園で最後の記念撮影。
リサール公園 リサール公園で


こうして、フィリピンの人達の穏やかなやさしさに触れた初めての海外旅行は、終わりました。

書ききれなかったことも、たくさんあります。

旅行中いろいろな話をしてくださった元パイロットのおじ様たちは、もうおりません。




1986年エドゥサ革命が起き、マルコス政権が倒れた時は、

レイテ島やネグロス島のことを思い出し、熱い思いを抑えられませんでした。



長い旅行記 お付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m

よろしかったらポチっと・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  

Comment:0  Trackback:0
2018
01.16

フィリピン戦跡訪問・・・マニラ2日目

.暮れに頼んでおいたコンタクトレンズが、先週届きました。

seed.gif インターネットより


壊れたコンタクトより少し度を強くしてもらったので・・ワァ― .゚+.(・∀・)゚+ …良く見える! 

・・・・と喜んでいたら・・・あれっ 近くが見えづらい・・・((+_+)) 急に老眼か?


還暦過ぎても老眼知らずで、うらやましがられてたのに、・・・・

まったく読めないわけではないけれど・・・ ちょっと残念・・・





フィリピン戦跡訪問 やっと最終日です 長々と・・・m(__)m もう一回になりそうですが・・

最終日は、パグサンハンにある比島寺やモンテンルパの刑務所を回ります。


午前中は、パグサンハンの比島寺

ここは、日本人戦没者を慰霊するために日本の民間によって建立されたお寺。

マニラ比島寺 (2)  本堂


当時、本堂には、この地にクリスチャンが多いことを考慮してマリア様に似せた観音像が、


敷地内には、戦友会や遺族によって建てられた慰霊碑が数多くありました。(千体近く)


マニラ比島寺


90年代半ばに、ここを管理していた日本人の方が亡くなり、

今は荒れ放題だと、2000年前後に訪問された方達が、ブログに書いておられます。

世代が替わり、お世話する人がいなくなったのですね。

今回、調べて分かりました。 (´-`*) 残念・・・



この後、急に・・・お腹が・・痛くなって・・・バスが止まると、慌ててトイレに向かいますが・・・

運悪く、今回の旅で一番汚い洋式のトイレ・・・汚れ方が半端じゃありません!。゚(゚´Д`゚)゚。

品のない話でm(__)m



思い悩んだ末、次の休憩地まで我慢することに・・・でもお腹が痛い・・

30分間・・・本当に大変・・・ご想像にお任せ(T_T)昨夜の食べ過ぎ?


次の停車は、外国人観光客相手の素敵なアンティークショップでした・・・助かったー(* ´ ▽ ` *) 


この時の苦しさと嬉しさは、一生忘れられない思い出です。


この後崩れるように調子が悪くなり・・お昼も食べられず(名物のチキンの丸焼き)・・激しい腹痛が続きました。


よろしかったら ポチっと 
最後まで品がなくて m(_ _)mもう一回お付き合いください 
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  


みんなの暮らし日記on line の marinさんの記事…今回は飲茶

美味しい肉まんの作り方ものっています。コチラ☆

今度は、肉まん作りたくなっちゃった・・・・(〃▽〃) 影響されやすい人
Comment:2  Trackback:0
2018
01.12

フィリピン戦跡訪問・・・マバラカットの飛行場

冬の始まりが、寒かったのに・・・ここにきて暖かい日が続き、雪が消えました。

2018 107 駅 今年 線路雪 去年


低気圧が暴れた日は、雷が鳴り・・・

窓がみぞれに覆われ↓    降ってきたのは雹でした。
20181雹 20181雹 (2) 


日本全国雪が積もった今日・・・ 寒さは戻りましたが、冬には珍しい青空。

沖縄に霰が降ったというのに、まったく雪が降りません、ありません。


こんな異常気象のせいか、お正月価格のままなのか、

野菜が高い‼ キャベツ半玉200円、ブロッコリー一株300円

ほうれん草や、春菊は一束350円・・・七草も去年より100円高でした。
2018七草


お野菜大好きですが、最近は、豆苗ばかり・・  お願い (*´~`*) 安くなって・・・



さて、しばらくぶりに、フィリピン戦跡訪問…最後はマニラ


マニラに戻って、はじめに訪れたのは、マバラカットの飛行場。マニラから北西約60km

ここは、戦時中、初めて特攻隊が飛び立った飛行場・・・悲しいほど静かでした。

第二次世界大戦に於いて神風特別攻撃隊機が最初に飛び立った飛行場・・の文字が
マニラ 初代記念碑・・貴重な一枚



この碑を建立したのは、フィリピン人画家ダニエル・H・ディソン氏。

「神風特別攻撃隊」(猪口・中島)の英語版を読み、大変な感銘を受け、

この碑を建立するに尽力されました。

(ダニエルさんが神風の碑を建立するに至った経緯は、いろいろな方が記事にしておられます。)

当時のマバラカット町長も自らセメントを練り、ブロックの積み上げ作業までしたそう。


現地で神風特攻隊は、今でも、英雄だと慕われているのだそうです。







残念なことに、この碑は1991年のピナトゥボ山噴火の際に

火山灰に埋もれ完全になくなってしまいました。

ピナツボ山噴火 



その後、日本人観光客めあての行政側と、ダニエルさんの間で、再建の意見が分かれ、

今では東西のマバラカット飛行場両方に、2つ記念碑があるそうです。




マニラで最初の夕食は、日本人好みの中華料理・・さすが日本人観光客が多いマニラです。
マニラ夕食は中華

2つの島では、フィリピン料理(美味しかった!)が多かったので、久しぶりの中華に、みんな日本を思い出し食欲旺盛

・・・私は翌日この食欲が仇になり・・・・大変辛い思いをすることに・・・・(T_T)



古い記事ですが よろしかったら ポチっと  大変励みになります。 m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  

数年前、当地に一晩で80〜100センチの雪が降りました。

3日間電車は止まり、町なかの道は除雪が間に合わず、

大きな幹線道路以外、車もバスも通れなかったことがありました。

今日のニュースを見ていて、買い物も大変だったあの時のことを、思い出します。

消えない雪は在りません・・・頑張ってくださいね。
Comment:4  Trackback:0
2018
01.05

残念のZ ・・・  スー・グラフトンの訃報

Category: 読書
暮れに、購入したもの。

ニュージーランド バター1キロ  (〃▽〃) 安かったの♪
バター1キロ バター1キロ (2)


お菓子作りの腕を上げて、目指せ我が家のアフタヌーンティ・・

断捨離中にまたまた古いレシピを見つけてしまい・・

ガトーカラクというチョコレートケーキと、フロランタンを焼きました。

2018がトーカラク (2) 2018フロランタン (2) 味は逸品,でも見かけが・・


家じゅうに漂う、チョコレートとフロランタンの薫りに、  .゚+.(・∀・)゚+. 有能な主婦になったみたい!と喜んでいたのに、

ちょこちょこ(←洒落じゃない)味見をしているうちに・・・胸やけが‥‥ 

この後作るはずだったスコーンは、またの機会にすることにしました。 バター1キロ使い切れるかな・・・? (´・_・`) 何で買っちゃった?



昨年暮れに、残念なニュースが飛び込んできました。

大好きなミステリー作家の一人、スー・グラフトンが、亡くなりました。

SueGrafton.jpg スー・グラフトン ウィキペディアより



女性探偵を主人公にしたミステリー、第一作 「 アリバイのA("A" Is for Alibi)」 から

タイトルにアルファベットを順番に付けたシリーズを発表、日本語にも翻訳され、


80年代の「3F」ミステリー(女性作家が、女性読者に向けて書いた女性探偵の話)ブームの先駆けになりました。(女性翻訳家を加えて4Fということも・・)



忙しい子育て中のある日、書店で偶然手にしたのが、「泥棒のB("B" Is for Burglar)」でした。

泥棒のB 


グラフトンが描く、従来のヒロインにない、タフで、自立した女探偵キンジ―に、

頭を殴られたような衝撃を受け、以来3Fミステリーにのめり込みました。

(*`^´)=3 女はタフじゃないといけないのね!



グラフトンの娘さんのツイッターに、

生涯一人の編集者を通す作家はとても珍しく、そういう誠実さこそがグラフトンだと、ことわりを入れた上で、

その生涯の編集者で友人だった Marian Wood が寄せた追悼記事を紹介していました。


サンタバーバラ 架空の都市サンタ・テレサのモデル、サンタバーバラ



記事の中でMarian は、 

初めてグラフトンの60頁分の原稿を渡された雪の日のことを、回想しています。

退屈しのぎの軽い気持ちで読みだした原稿に、

続きが読みたい!  全部読みたい!  出版したい!と、

頭を殴られたような衝撃を受け、(=∀=) どこかで聞いたセリフ

渋る出版者を攻略し、「 アリバイのA 」 が出版されるまでのいきさつを述べています。



そして、自分の夢の女性でもある、シャープで、情にもろく、繊細かつタフなキンジ―は、

女性だけでなく、男性にも広く受け入れられ、多くの人が自分の娘にキンジ―と名づけた・・・と追悼しています。



日本で翻訳されたのは、「 ロマンスのR 」 まで
ろまんすのR 今では日本語版は絶版に



アルファベットのシリーズは、2019年に最終作 「ゼロのZ」が出版される計画がありましたが、

昨年出版された 「 昨日のY  ("Y" Is for Yesterday ) 」が最後になってしまいました。


「私たち家族の中では、アルファベットはYで終わります」と家族がコメントされています。

YY.jpg 


本当に、本当に、大好きなミステリー作家でした。

最終話Zで、キンジ―がどのような結末を迎えていたのかは、もう分かりようもありません。

私にとって Z は、「 残念の  〝 Z ″」 になってしまいました。


 よろしかったら m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  

アフタヌーンティを目指したのは、少し前に更新された、みんなの暮らし日記on line の marinさんの記事 のせい。

今回は、アフタヌーンティ!    コチラ☆

スコーンの動画を見ていたら、作りたくなったのですが・・・先に作ればよかった・・・(=∀=)お薦めです
Comment:6  Trackback:0
2018
01.02

今年もよろしくお願いいたします。

Category: 雪国の暮らし
明けまして、おめでとうございます。 m (_ _) m


当地最後のお正月・・・余多誘いを断って、(*ノ∪`*) そんなにたくさん誘われたわけじゃないけど・・・

自宅で静か(?)に過ごしております。 (冬に自宅を空けるのは気がすすまないので)



前日までちょこちょこお仕事があったので、大晦日に張り切って、お掃除、お節づくり

金時豆を茹でていたら、お腹が割れてきてしまい  

お腹の割れていないお豆をより分けて、甘煮を・・・残りは急遽チリコンカーンにしました。
2017金時豆 2017チリコンカン 


お酒は、フランスから大事に持って帰ったボレカップでシードル
2017シードル ボレカップのセット


キッシュとチーズパイを小さく焼いて、
2017チーズケーキ 2017ほうれん草のキッシュ

チリコンカーンとお蕎麦で年越しです。(〃▽〃) 取り合わせが・・・
 2017年越しそば



元旦恒例のお抹茶の代わりに、今年は鹿児島の小みかん茶・・・ 

( *´艸`) 実は、お抹茶を買い忘れた・・・

2018お節 2018子ミカン茶西郷どんのパッケージ

新年早々、断捨離とお片付け・・・この先を暗示しているような、慌ただしい年末年始でした。


本年もよろしくお願いいたします。    m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  



Comment:2  Trackback:0
back-to-top