2019
09.15

はるな愛さん初監督映画 mama 35分に込めた思い 2

Category: 映画・演劇
1960年代、六本木に伝説のゲイバーを開いていたのが、吉野ママこと吉野寿雄さん

はるな愛さんは映画製作の話が来た時、この吉野ママが自ら語る映画を作りたかったそうです

20190903mama.jpg吉野ママと交友があったのが、 石原裕次郎,高倉健、美空ひばり,、長嶋茂雄、沢田研二さんなど


名古屋の架空のゲイバーに 2人のトランスジェンダーの若者がママを訪ねるという設定。


御年88歳のママが語るのは、偏見が今よりずっと強かった時代の


苦労あり、下ネタあり、笑えるほど明るい話。すべてフィクションではありません。



生まれ変われるとしたら、女に生まれたい?という問いに対して、

今度もやっぱり男の思考力, 女性の気持ちを持ったトランスジェンダーに生まれたい・・・と答えたのが印象的でした。


悲壮感をもって、声高に苦労話をしたいわけじゃない。と映画の後で語った愛さん。

上映時間35分 粗削りですが、中身の濃い とっても良い作品だと思いました。

「Filmusic in 中川運河・春」 という表題の3本立てで、現在名古屋シネマスコーレで上映中です。


ちょっと、忙しくて、「カランコエの花」は次回にご紹介・・・これは秀作だと思います

文字ばかりで… 写真も既出ですが・・・よろしかったらポチっとm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 


(*´∀`人 ♪ 明日は孫の〇っくんと動物園  ワクワク







Comment:2  Trackback:0
back-to-top