風の中行く

Welcome to my blog

応援準備

真っ赤なミニトマトがお買い得だったので、はちみつ漬けを作りました。

皮を湯むきして、はちみつとレモンの搾り汁・・・

それに・・同日、ケーキを焼いた時に塗ったレモンシロップの残りを加えました。

はちみつの甘味だけより  (((o(*゚▽゚*)o)))おいしい ような気がする。

2017 トマトのはちみつ漬け 冷たく冷やして


中学生のころ、何かの記事で、

アメリカ南部の人たちは、真っ赤な甘いトマトにお砂糖をかけて食べる・・というのを読み、

しばらくは、トマトにお砂糖をかけたがり、家族に呆れらた記憶があります・・(〃▽〃) はちみつ漬けとどこが違うの?
 

猛暑の甲子園応援旅行の準備をしました。…と言っても

暑さ対策に、マツ○ヨさんからヒ○ロンを爆買いし・・・
2017応援準備 ドンっとたたくと急速に冷えますとのこと・・


保冷バッグに入れ持って行き、猛暑のスタンドで次々叩いて冷やす計画・・
2017応援準備 (2) この中で飲み物も冷やします・・v(o゚∀゚o)v イエーイ!

我ながらいい考えだと思っていたのですが・・・この計画には欠陥が・・・

荷物が・・重くて・・・重くて・・・ どうしよう・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。

 (*`^´)=3 頑張って持っていこうかな・・・


という訳で、行ってきます車中2泊3日の甲子園・・・今ひたすらに願うのは・・・

帰ってきてから、手作りタコスを作ったり、クロスステッチの続きをしたり、

読書をする気力が残っていますように・・・ 

えっ 試合? もちろん、 絶対勝利 ・・・じゃなくて

( ´_`)コホン 勝っても負けてもいい試合をしてほしい・・・と思います・・・


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comments 2

めうまろん  

ミニトマトのはちみつ漬け・・・美味しそうですね!
冷た~く冷やして食べたら素敵なスイーツ☆

トマトにお砂糖・・は、私が小さい頃、北海道では割とポピュラーな食べ方だったような・・・。
だんだんやらなくなったし、関東に来てからは全くしませんが、昔はよくそうして食べていたなぁ。
考えるに、昔の北海道のトマトはすっぱくてあまり美味しくなかったからかもしれません。
今のトマトはそのまま食べても十分美味しいから砂糖なんてかけませんが。

でもトマトだけじゃなく、北海道には関東ではしない「食事の中の甘いもの」が時々あるかも・・。
茶碗蒸しの中には銀杏より栗の甘露煮だし(札幌在住経験のあるginさんなら食べたことあるかも??)小豆じゃなくて甘納豆のお赤飯とかあったりするし。関東に来るまで、茶碗蒸しの栗の甘露煮は普通だと思っていました。そうじゃないと知った時の衝撃たるや・・!笑 でも、今でもやはり茶碗蒸しに栗の甘露煮は外せないので、自分で作るときは絶対入れます。娘もそっちが好きで、必ずリクエストされるんです。これもひとつのおふくろの味??

甲子園の応援、どうなったかな~?
2泊3日ですかー(^^)体調を崩さないように気を付けて下さいね。
北海道勢は残念ながら2校共一回戦負けしてしまいました(><)
残念。。。









2017/08/13 (Sun) 22:53 | EDIT | REPLY |   
gin  

めうまろんさん ♪ ただいまー

そうですか。北海道では、トマトにお砂糖をかけていたのですね。
北海道に暮らしたことがあってもそれは、知りませんでした。 
その記事を読んでからは、真っ赤なあまーいトマトにお砂糖をかけるのが、大好きになりました。
江戸っ子の母には、理解不能のようでしたが・・・
今もサラダに使うとき、少量の塩+砂糖でマリネしてから使ったりします。

初めてお友達になった北海道の友人が作ってくれた茶わん蒸しが、
味付けは甘露煮の栗の甘味と、鶏肉の下味につけたお醤油だけで、
卵液自体にはお出しを入れただけでした。
それが本当においしくて、何度も試してみるのですが、私には同じようには上手に作れません。
でも以来、銀杏の代わりに栗を入れる茶碗蒸しも作ります。美味しいよね!

甲子園は、応援チームの主力ピッチャーが地区大会でけがをしてしまい投げられず、完敗でした。
でも最後まであきらめない選手たちと、精一杯の応援を繰り広げた生徒たちの熱い思いに、
感動した2時間でした。

おそらく最初で最後の甲子園応援・・・・感動したけどバス泊辛かったです。((+_+))

2017/08/14 (Mon) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、アラカンです。
雪国に嫁いで30年。17年前夫に先立たれ、2人の息子を育てるのに夢中で過ごした日々。
息子たちも巣立っていって、ようやく訪れた平穏な日々(?)…とはなかなか行かないけれど、たくさんできた自分の時間。そうだブログを始めよう!!
というわけで、備忘録をかねたブログです。共感できることが少しでもあったなら、遊びに来てくださいね。