風の中行く

Welcome to my blog

食べそこなった桜島の饂飩

例年より寒い秋の日、また一つ年を取りました。

カフェでお祝い。
20171002 杏のタルト大好きな杏のタルトとアールグレイで


自分へのプレゼントは、ミュージカル「ビリーエリオット~リトルダンサー」の弾丸(格安)観劇旅行・・半年がかりで準備しました。


夏に同級生達と観劇していますが、2度目は北の街の同僚たちと一緒に。




主役ビリー役は、厳しいオーデションとレッスンの過程で選ばれた子役たちが、順番に演じます。
ビリー


ダンスも歌もストーリーも、他の子役、役者さんたちも・・素晴らしい‼ (´▽`*) M君も・・


感動的な舞台は、前回よりもパワーアップ・・・・・ラストは、なんとスタンディングオベーション・・・

拍手が鳴りやみません・・・ ブラボー!  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆   サイコー


本当に、本当に・・・素敵な舞台でした・・・もう一度見たいなー!観れないけど・・





孫を訪ねて鹿児島へ、 最終日は 午後からの訪問なので、午前中はフリー・・・・


朝、甲突川河畔を散策していると・・・石柱に書かれた島津忠良(日新公)のいろは歌発見


薩摩武士、士道教育の教典となった47首・・・
薩摩藩士の礎2 薩摩藩士の礎1 


いろはのい・・いにしえの道を聞きても唱えても 我が行いにせずばかいなし
昔の賢者の立派な教えや学問も,.口に唱えるだけで、実行しなければ役に立たない。


こんな感じで、47首。 これが、薩摩武士魂を育てたのですね・・・




散策中に見つけたカフェで朝食・・・・その後桜島に行ってみることにしました。

     2017カボチャのスープカボチャのスープとパン



町巡りバス(乗降するたび170円)に乗って、桜島フェリーの乗り場まで向かいます。


観光客も少なく、途中から乗客は私一人・・・運転手さんは、要所要所でスピードを落とし、


西郷隆盛が最後に潜んでいた洞窟、終焉の地、薩摩義士の碑など

詳しく観光案内をしてくれます。  170円で・・ (* ´ ▽ ` *) 貸し切りだー



    
桜島へは、フェリーが頻繁に出ていて、片道15分   料金160円! o(≧ω≦)o安い!  
いざ桜島 桜島フェリーのお饂飩



フェリーの中の饂飩屋さんから、おいしそうなにおいが、船内に漂っています。


15分では、食べれない・・・桜島で何か食べよう・・・と 行きも帰りも、見送ったのですが・・・

        
           これが大失敗!!


桜島でも、時間がなくて食べ物のある場所にはたどり着けず・・・(*´~`*)お腹すいた・・


しかもこの饂飩、長渕剛さんが、日本一美味しいと絶賛した、折り紙付きの饂飩だったのです。

可愛い孫にも会えた鹿児島訪問の、唯一の心残りなのでした・・・せめて帰りにでも   。゚(゚´Д`゚)゚。  食べればよかった!


食べ物の恨みは( (=∀=) だれをうらんだらいいの・・?)・・・よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


今年は仕事もセーブしたし、暇なはずなのに何だか忙しい・・・
よく考えてみたら、暇だからと少しずつ頼まれた仕事を引き受けているうちに、
結局去年並みの忙しさになってしまいました・・・(T_T) 何やってるんだろう・・・

Comments 2

coco21  

誕生日おめでとうございます。
すてきな1年になりますように!

テンプレートとっても新鮮ではっとしました。
いいですねぇ。
鹿児島のすてきな一人旅を読みながらどんな方かしら?と想像しております。

2017/10/12 (Thu) 18:01 | EDIT | REPLY |   
gin  
coco21さん ♪ こんにちは

ありがとうございます。
つい最近還暦を迎えたのような気がしているのに、もう1年たってしまいました。

テンプレート気に入っていただけて嬉しいです。
そろそろ秋の色のにしようかと思うのですが、大好きなブルーなので変えられないでいます。

coco21さんのブログを拝見しながら、私もどんな方かしらといつも思っているのですよ。
紹介される本や作家が私好みで・・・ 

頻繁にコメントするほうではないのですが、ブログのほうはこれからも楽しみにお邪魔しますね。

2017/10/13 (Fri) 16:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、アラカンです。
雪国に嫁いで30年。19年前夫に先立たれ、2人の息子を育てるのに夢中で過ごした日々。
この度30年暮らした雪国から、孫のお世話をしに名古屋にお引越し・・・職場復帰も果たし、気が付けば、しっかり名古屋ライフを楽しむ日々。