2017
10.28

シカゴからの手紙 4  30年目の再会


火曜日に行く小さな小学校の、5年生が育てた菊の花をいただきました。

東湖小菊 (4) 東湖小菊 (2)


職員室の前で、ちょっと幼いN君が、恭しく両手で渡してくれました。どうぞ・・えっと・・ (〃▽〃) お家に飾ってくださいっ!

私も、恭しく両手で、受け取りましたよ  ウッフ ( *´艸`) 可愛い!嬉しい!

東湖小菊 (3) 東湖小菊


さて、シカゴからの手紙、続きです・・・・


リリングさんはその後、教師の資格を取り、

3年間フィリピンで教えた後、カナダの学校に職を得ます。

1年後アメリカに移り、夫と娘達を呼びよせますが・・・

しばらくして、夫は単身フィリピンに戻り、別の女性と結婚してしまいます。



“私は夫を好きではなかったので、このことに感謝さえしています。

 しばらく教職についていましたが、今はシカゴ第一国立銀行で働いています。

 家も買いました。素晴らしい家とは言えませんが、子供たちが安全に暮らせればいいのです。


    中略

あなたが戦争を生き延びて、生きている・・・このことが、私にとって一番大切なことです。

神に感謝するばかりです。

もし、いつかアメリカに来ることがあったら、必ず、必ず会いに来てください。         ”



シカゴ シカゴ インターネットより




それから1年・・・Hさんは、シカゴにリリングさんを訪ね、2人は30年ぶりに再会。

…余談ですが、Hさん・・・リリングさんと4人の娘さんたちと、初ディスコだったそう・・・w(゚o゚)wワーォ


その後も、家族ぐるみの手紙のやり取りがつづきました。


私は、フィリピンという国に興味を持つようになり、いつかこの目で見たい・・・と思っていたら・・・


Hさんの話を聞いた同じ戦隊の方たちが、

戦時中、戦隊の飛行場のあった場所を、フィリピンに探し出しに行くことになり・・・

様々な経緯から、私も連れて行っていただくことになりました。


道なき道を行く、冒険旅行になるともしらずに・・・・


よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村  



先日読み始めた、ハードボイルドミステリー。  舞台は、なんとバンクーバー・・・

緑豊かで、世界一住みよい街に選ばれたことがある町としてではなく、

移民や、先住民が多く暮らす大都市としてのちょっとダークなバンクーバーが舞台です。

喪失のブルース(ハーパーBOOKS) 文庫 – シーナ カマル (著), 森嶋 マリ (翻訳)

最近忙しいので、読書は通勤の電車の中だけにしているのですが・・・続きが気になって(=∀=) つい、読んじゃう・・・


お仕事、はかどりません。  (T_T)


訳者は、ブログ「Single KitchenでSweetsを」の、marinさんこと、森嶋マリさん・・・さすがに読みやすい。


私の好きな、ノルウェイの推理小説家 アンネ・ホルト曰く・・・

「政治、犯罪、社会の成り立ち、人間関係、恋愛など、すべてが推理小説に書き込めるからおもしろいのよ。
 
 外国へ旅行する時、その国のミステリー小説を必ず、前もって2,3冊読むことにしているの。

 その国のことを知る一番の近道だと思うわ。」

 
 実感できる一冊です。







トラックバックURL
http://gingertree.blog.fc2.com/tb.php/128-7ee71f0c
トラックバック
コメント
少年からお花をプレゼントされるなんて、素敵~♪

フィリピンと日本とアメリカを股にかけた物語ですね。
30年を経て再会できて、良かった。
その30年間に、手紙にはとうてい書ききれない物語があったはず。そういうことに思いを馳せちゃいました。
でも、この手紙の話だけで終わらず、ginさんもフィリピンに行くことになるとは!
どんな冒険旅行だったんでしょう?

『喪失のブルース』を読んだくださって、ありがとうございます。とっても嬉しいです!
ブログで紹介までしていただいて、恐縮です。
そうなんです、舞台はダークなバンクーバー。
それまで私が抱いていたバンクーバーやカナダのイメージとはちがう世界のお話です。
どの国にも裏の顔があるのは頭ではわかっていても、ついイメージに流されがち。
小説を2、3冊読んでから旅するのは、すごくいいですね。
marindot 2017.10.29 22:04 | 編集
ginさん、こんばんは。
これはginさんが書いた小説なのでは??・・と疑ってしまうくらいのお話しですね。まさに、事実は小説より奇なり。
しかもしかも、ginさんまでフィリピン、行っちゃったんですかーーー??
あまりにも予想外の展開すぎて、全く先が読めません!
続きも楽しみにしています。

お花、とっても綺麗ですね!
めうまろんdot 2017.10.30 20:57 | 編集
marinさん ♪

30年、本当にいろいろなことがあったのでしょうね。20代の頃には理解が届かなかったことも、この歳になって こういうことかな?と気づいたりしています。
リリングさんにお会いしたことはありませんが、シカゴで撮った写真を一度見せていただきました。若い頃の美しさを彷彿させる、笑顔のステキな女性でした。
縁あって、手元に残っている手紙の写しです。胸にしまっておくにはもったいない話なので、思い切ってブログに載せてしまいました。読んでいただいて、ありがとうございました。

『喪失のブルース』・・・面白い!こんなことして大丈夫なの、とハラハラするけれど、暖かさも救いもあって・・・なるべくゆっくり読もうと思うのですが、先が気になって、つい読んでしまいます。3部作と言うことで、続きが楽しみです。でも 次巻が出るのはまだまだ先ですね・・・3巻いっぺんに読みたい!
gindot 2017.10.30 21:58 | 編集
めうまろんさん ♪

小説を書けるだけの文才と創造力があったらいいのですが・・・ 
どうも、持ち合わせがないようです・・・(笑)

初めて手紙を読んだ時、ゲリラが出てきたり、そのゲリラと都合よく別れていたり・・・シカゴで移民の女性が家を購入したり・・・・実は私も、本当だろうかと思ったこともありました。

当時マルコス政権下のフィリピンに行って、出会った人々の中には切実に国を出たいと思っている人もいると知って、納得した私です。

快適とは程遠いフィリピンへの旅でしたが、初めての海外、印象に残っています。古い写真しかありませんが読んでいただけたら嬉しいです。

お花いいでしょう・・・めうまろんさんの苔も素敵! 私にも育てられるかな?
gindot 2017.10.30 22:53 | 編集
おはようございます。
子供が育てた花を頂けるなんて何てすてきなのでしょう?
学校でどのような関わりが子供たちとおありなのですか?
coco21dot 2017.11.02 09:08 | 編集
coco21さん ♪

お花、いいでしょう? 小学校へは毎週火曜日、支援員として行っています。

午前中、一クラス10数人、全校児童数が100人にも満たない小さな学校に行き、
午後からもう少し大きな、自宅そばの小学校へ行きます。

お花は、小さいほうの小学校の5年生からいただきました。

とっても癒されていますよ・・・(´▽`*)
dot 2017.11.02 22:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top