2018
07.23

尾張名古屋で見つけた本は・・・

Category: 読書

昨日も暑かった・・・ (。-∀-)   夕陽は綺麗でした・・
20180722夕陽



今日も暑い・・・  39度の予報・・・お昼には超えました・・ 40度行くかな・・(´-`*) 出かけるのやめよう




昨日(日曜)は ,.名城公園までお散歩したのですが、あまりの暑さに帰りはバスでした。



今日は、お部屋を出ずに 読書 と PCで高校野球実況中継を見ています。


去年応援して、甲子園にまで行った北の街の学校の準決勝です。


点を取ったら取り返す、どちらも一歩も引かない好ゲーム。 球場で (*`^´)=3 応援したい!

 

勝ちました!\(^o^)/  明日は決勝戦です。





6月に、面白そうな本が出版されることを知りました。


徳川おてんば姫 東京キララ社
徳川おてんば姫 


著者は、徳川慶喜の孫娘にあたる井出久美子さん。御年95歳。


慶喜のお孫さんがご存命とは、江戸も明治もなんだか身近に感じられます。


そして、このお歳にして初めての著作ということで、大変興味を持ちました。



昨日の夕焼け・・・
20180722夕陽 (5)



その後、お引っ越しのドサクサで、すっかり忘れておりましたが、

7月初め、たまたまお散歩の途中で入った書店で、見つけて購入・・・


その夜、偶然 井出久美子さんが、逝去されたことを知りました。   



20180722夕陽 (6)




この「 徳川おてんば姫」は  井出久美子さんご自身の自伝でありながら、


明治維新や 大戦を経て 平成に至るまでの日本の社会の変遷を感じ取ることが出来ます。



例えば、著者の母校 女子学習院では 


当時、 公家、徳川、各旧藩の子女が 同じ教室で学び、


それぞれに自分の出自に誇りを持っているので、教師は歴史の授業がやりにくかったとのこと。



20180722夕陽 (3)



エピソードとして、

ある教師が黒板に 徳川家康 のことを 狸親父 と書き 


豊臣秀吉 より人気がなかった・・と話したために 著者の従妹が、泣き出してしまい、


以来 「 家康のことで泣いた徳川 」 と逸話になってしまった・・・と書かれています。




日本の社会の一つの側面が、 日常生活を通して、女性の視点で語られています。




20180722夕陽 (4)




また、  


「宮家らしさというものは後で身につけることはできず、生まれた瞬間から備わるもの、

すなわちご結婚にあたり家柄が重視されるのは当然のことだと思わざるを得ません。

何かうまくいかないことが起こるのであれば、そこに理由があるのだと、

〝 家″に翻弄されてきた立場だからこそ強く感じます。 」  



 とあってドキッとします。(100% 共感という訳にはいかないけれど)




本日午後6時半・・明日も暑い予報が・・・(T_T)
20180723.jpg


けれど、その背景に

ご自身も、前夫(松平)が 太平洋戦争で戦死、 その後 再婚することになった時、

松平の直系を、絶やさないため、


前夫の血を引く一人娘を 婚家に置いてこなければならなかった 体験があり



「私も徳川家で育った人間ですから、家が背負った歴史の重みは十分に心得ております。

ですが、やはり母親としての感情のほうが家よりも勝るのが女の性です。」 と書かれています。



貴重な写真も多く、読みやすく、お薦めです。


尾張名古屋は、徳川御三家の一つ・・この街で見つけたことも、何かのご縁かな?

夕陽の写真ばかりですが・・・・m(_ _)m  よろしかったらポチっと
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村   


お仕事決まりました (´艸`*) 

孫の ○っくんのこともあるので、9月から週4日勤務。

嬉しいような、怖いような・・・ちょっとドキドキしています。



トラックバックURL
http://gingertree.blog.fc2.com/tb.php/186-f046dc5f
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.07.24 23:19 | 編集
おはよこざいます♪
こちら雨はちっとも降りませんが、週末に台風が来るとか…。
花火大会と孫のテニスの試合が中止になるかもデス(lll-ω-)
「おてんば姫」の紹介がもう1か月くらい前かしら、新聞に載ってましたよ。
お姫様とまではいかずとも、差別で言うのではなく育ちの違いは結婚したときにかなり感じました。
それがずーーっと影響して、なかなか上手くいかなかったものです。
童話などでは貧しい人は心清らかで、金持ちは強欲で鼻持ちならないように書かれていますが、一概にそうとも言えない…、と。
いや、まったく逆じゃない…?と。
身をもって知ったその頃のわたしは幼な過ぎたのです。
Shinoharadot 2018.07.26 10:43 | 編集
Shinohara さん ♪
せっかくの花火大会やお孫さんの試合ですもの、台風逸れるか、早めに駆け抜けてくれるといいですね。

宮家らしさというものは…を読んだ時、このように考えている方が多いなら、
民間から皇室に入られた妃殿下たちは、ご苦労なさっているだろうな~と思ってしまいました。
普段はあまり皇室には興味ないのですが・・
若い頃は、楽しかったけれど、赤面してしまうほど無知だったことたくさんありました。
(今もか?)
gindot 2018.07.27 07:33 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.07.28 16:13 | 編集
鍵コメさん ♪
名古屋も風が強くなってきました。台風近づいてますね。
被害も心配です。停電にならないといいですね。
取りあえず1リットルのペットボトルにお水を入れて何本か冷凍しました。
気休めですが、エアコン使えなくなった時、一時的に冷房代わりにするつもりです。
gindot 2018.07.28 18:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.07.28 20:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top