もう一つの訃報が届いた日・・・昭和の恋の物語 2

2023/07/15
その他 0
前回からの続きです。ここまでのお話は→コチラ☆



親友のNちゃんから、苦しい電話がかかってきました。高校を卒業して2~3年目のことです。


Nちゃんがずっと思いを寄せていた先輩と、M子さんが結婚する…という電話でした。


それは、Nちゃんが一番恐れていたことだったのかもしれません。




語学の勉強会後のランチは、若手と韓国カフェ…喜びの舞?
20230709韓国カフェ1 (2)




事の経緯は、こういうことです。


M子さんが思いを寄せていた高校時代の顧問の先生は、

M子さんとNちゃんの2学年上の部活の先輩と、結婚してしまったのです。

その女性の先輩は、Nちゃんが思いを寄せていた男性の先輩の思い人でもありました。


Nちゃんが思いを寄せる先輩と、M子さんは、月並みな言葉で言えば、失恋したのです。



その後失恋した二人は、M子さんのアルバイト先で偶然出会い、


失恋した悲しみを慰め合う内に、お付き合いが始まり、結婚に至りました。



電話からNちゃんの切なさが伝わり、かける言葉もみつかりませんでした。




この日のランチです。コーン茶飲み放題で1000円
20230709韓国カフェ3






それから4年、Nちゃんはようやく人生のパートナーと巡り合い結婚を決意します。


一方M子さんは、ご主人(Nちゃんが思いを寄せていた先輩)が事業に失敗、


多額の借金を抱え、大変苦しい生活をしていました。


私は北の街で2人の子供の子育てに、Nちゃんは遠い海辺の街で3人の子供に恵まれ、


20年近く年賀状だけのやり取りだけで、、会いたいねーとはいうもののなかなか会えない日が続きました。




コンニャク入りのビビン麺、カルビ炒め、揚げ餃子
20230709韓国カフェ420230709韓国カフェ520230709韓国カフェ6




会えなかった20年の間に、私は夫を亡くし大嵐を経験し、



Nちゃんも親戚の問題に振り回され、体を壊して療養、


ようやくそうしたことも落ち着いて、子供たちが巣立っていった頃、


高校の同窓会が開かれることになり、そこで私は約30年ぶりにM子さんと再会したのです。



またまた長くなりました・・・続きは明日に

よろしかったらポチっm(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村 




秋田市で、200ミリを超える雨。大きな被害がでないといいな・・・


gin
Author: gin
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、オーバー60。横浜、札幌、秋田に暮らし、昨年、孫のお世話をしに名古屋にお引越し・・・・職場復帰も果たし、気が付けば、しっかり名古屋ライフを楽しむ日々。

コメント(0)

There are no comments yet.