初シュトーレンと驚きの出会い

2023/11/29
クッキング?
仲良しガイドのYさんが、最近通い出した発酵食品のお教室。

先生がとっても良い方らしく、すっかり麹づくりにはまっています。

その教室の先生が、ご自宅でシュトーレン作りをされるので参加しませんか、とお誘いを受けました。

というわけで、初めてのシュトーレン作りに挑戦しました。  


うまくできたら孫の〇っくんと〇ルちゃんに送ってあげよう ♪ (*´∀`人 ♪



完成品です。
20231127シュトーレン3

シュトーレン作りは、事前にナッツ、ドライフルーツの漬け込み、種づくりが必要です。

ここまでは、先生が事前に準備してくださっていたので、、



参加者がしたのは、準備された種にバターを混ぜ込みながら本ごねし、


さらに洋酒漬けのナッツやドライフルーツを混ぜ込み、成形する工程です。




焼き上げる50分の間、先生が準備してくださった、ランチでおしゃべりです。

20231127シュトーレン1

メニューは。

自家製パン    ほうれん草のキッシュ

サツマイモとご主人手作りのベーコンのソテー

干し柿とマスカルポーネのミルフィーユ

そして絶品ビーフシチュー…なんと味付けはケチャップとウスターソース、みりんだけ!


どれも塩こうじや玉ねぎこうじの甘みを生かした調理で、とってもおいしかった♪


デザートのケーキは、キドニービーンズで小麦粉なし。これも美味しい!
20231127シュトーレン2


ヘルシーで、美味しいランチに話が弾み、先生の以前の職場の話になりました。


んっ・・ どこかで聞いたような名前? ( ̄^ ̄)ゞ


我が家の長男のお嫁さんのNちゃんが、名古屋で勤務していた職場です。

びっくりして、詳しく尋ねると‥‥先生はNちゃんと同じ職場で、仲良くしていただいていたとか・・・



その後結婚、出産されて退職されたのですが、


ご結婚された方が、Nちゃんの上司、指導教官としてNちゃんを育てて下さった恩師だったのです。




20231127シュトーレン4


その晩、お嫁さんのNちゃんに、シュトーレンを作ったので送ります。

教えて下さったのは、この方です・・・と写真を送信したところ・・・


{エッ○○さん!?」 と返信が帰ってきました。いきさつを知らせると、


「こんなすごい偶然、あるのですね。今度名古屋に行ったときに、みんなでお食事したいですね♪」

と、優しい返信が来ましたよ。    幸せ♪ (*´▽`*) 実現するといいな~♪

gin
Author: gin
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、オーバー60。横浜、札幌、秋田に暮らし、昨年、孫のお世話をしに名古屋にお引越し・・・・職場復帰も果たし、気が付けば、しっかり名古屋ライフを楽しむ日々。