風の中行く

Welcome to my blog

ニューヨークの24時間

 8月最後の日曜、 我が街 K市最後の夏祭り。

フィナーレの打ち上げ花火が・・我が家の2階から見えます。
 
 花火20162 花火20161 花火20163 
(#^.^#)相変わらずの腕前

2階の部屋の明かりを消して、花火を見ながら、

毎年、夏を送ります。  ( ̄^ ̄)また、一つ息子たちの帰らない夏が行く・・・



小林麻央さんが、新しいブログを開設されて話題になっていますね。

なりたい自分になる、病気の陰に隠れない・・とブログを更新され、

共感を呼んでいると報道されているのを見て、


かれこれ30年前、

末期がんに侵されていたジャーナリスト千葉敦子さんが、

朝日ジャーナルに連載されていた、 「死への準備」  を思い出しました。

千葉敦子 千葉敦子さん

日本ではまだ、セカンドオピニオンというシステムも、がん告知もほとんどなされず

死への準備教育が上智大学のアルフォンス・ディーケン教授によって、ようやく始まった時代

千葉さんは、残された命の時間を

最後まで自分でコントロールして、自立して生きるために、


アメリカに、治療の場を求め、ニューヨークに移ります。





死への準備

世界の最新情報や、

ニューヨークでの生活や治療のあれこれを、 


日記と言う形で、発信したのが、「死への準備」です。

       

     連載期限は、ご自身の死まで・・・という約束で



移ったばかりの慣れない北の街で子育て中の、

雪国冬景色



出口のないトンネルに入り込んだような時期の私に、


リアルタイムで読んだ「死への準備」は、強烈な印象でした。



時代や、世界に興味を持つことの面白さ・・・

自分の人生を、自分で管理することの面白さ・・・



闘病記なのに、読むたび、暗い気持ちにはならず、

今から頑張ろう・・・と前向きな気持ちになる。連載が、楽しみでした。

「よりよく死ぬということは、よりよく生きるということだ。」


もう一つ、千葉さんの著書、「ニューヨークの24時間」は、
ニューヨークの24時間

時間管理の本。

ワープロや、PCなどの情報は、もう古すぎて役には立たないけれど、

時間管理のヒントや、必要なものを選び取る視点を提供してくれます。


亡くなられて、30年・・・新しいものや、最新技術に常に興味を持たれていた千葉敦子さん


スマフォやインターネット、ブログやエンディングノート

もし今の世の中を見ることがあったら、

いったいどんな、感想を持たれて、どんな提案をなされたのかな・・・


よろしかったらポチッと、 m(_ _)m 
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村










Comments 6

marin  

花火とともに夏を見送られたんですね。素敵です。
こちらは秋の気配をかすかに感じつつも、気温はまだ真夏だったりと、いつになったら夏をお見送りできるのかわからなくなってます。

千葉敦子さんも著書も知りませんでした。
『死への準備』は最期の日々をつづっていながら、前向きに生きようと思わせてくれる本なのですね。
読んでみようと思います。

2016/09/11 (Sun) 11:11 | EDIT | REPLY |   
gin  

marinさん🎶

花火とともにお見送りしたはずの夏ですが、その後34度を超える日もあったりしました。今年の暑さは、こちらでも尋常ではないようです。

好き好きはあると思いますが、千葉敦子さんの著書は、おそらく成人してから読んだものの中で一番影響を受けたと思います。読んでくださると知って、とてもうれしいです。

「ニューヨークの24時間」も、
“自分の人生の中心に自己を燃焼させるものを据えてからでなければ、時間の使い方について語り合うことはできない”などとドキッとするようなことが書かれていて、面白かったです。
本当は、高校生ぐらいのときに、出会っていればと感じた著書なのでした。

2016/09/11 (Sun) 17:09 | EDIT | REPLY |   
mekumeku  

素敵な方の紹介、ありがとうございます。
私も、marinさんと同じく読んでみたいなと思いました。
ginさん、こちらも秋の気配になってきましたよ~。
秋の虫さんの声が、日に日に強くなっていきます。

2016/09/12 (Mon) 15:16 | EDIT | REPLY |   
gin  

mekumekuさん 🎶
興味を持って下さり、とっても嬉しいです。
是非読んでみてくださいね。絶版になっていないとよいのですが・・・
私は、当時の記事の切り抜きを今でも大切に持っているんですよ。
それほどインパクトがあった連載でした。

こちらもようやく涼しくなりました。読書の季節ですね・・・


2016/09/12 (Mon) 21:38 | EDIT | REPLY |   
mekumeku  

こんばんは。
図書館で検索したら、千葉敦子さんの本、たくさんでてきました。
どれか読んでみますね。(*^▽^*)

2016/09/15 (Thu) 22:39 | EDIT | REPLY |   
gin  

mekumekuさん🎶
是非読んでみてくださいね。
「寄りかかっては生きられない」「ニューウーマン」も面白いですよ。

2016/09/16 (Fri) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、アラカンです。
雪国に嫁いで30年。19年前夫に先立たれ、2人の息子を育てるのに夢中で過ごした日々。
この度30年暮らした雪国から、孫のお世話をしに名古屋にお引越し・・・職場復帰も果たし、気が付けば、しっかり名古屋ライフを楽しむ日々。