風の中行く

Welcome to my blog

旅は道連れ…大日堂舞楽


クリスマスイブだというのに・・・

午前、午後、夜にわたってお教室が・・

その合間を縫って、レーズンたっぷりのケーキを焼きました。 (´∀`*) 有能な主婦になったみたい・・


発酵バターを使って、プロのレシピをちょっとだけアレンジ・・
Xmasパウンドケーキ

ラム酒もたっぷり
Xmasパウンドケーキ2



ケーキのお供は、大好きな地元の カフェB さんのコーヒー  
 

この時期限定 Xmasブレンド

友人、知人にXmasカードに添えて送ったものを、一つ取分けておいて  味見です・・

エチオピア・イルガチェフG1など深炒り豆のブレンド



 少し苦みがあって、大人の味・・美味しい・・・
Xmasブレンド 

Xmasカラーのカップで・・・
ホロハーザ 


ひと時、一人静かにクリスマス気分を味わいました。  ( ̄^ ̄)…クリぼっちとも言う・・・




息子たちが帰らない年末年始  



寂しさ半分・・・なのですが、再チャレンジしてみたいことがあるのです。





話は、またまたずーっと前にさかのぼります・・・


幼い息子たちを連れて里帰りをした時の事、

東北新幹線の車内誌「トランヴェール」に、

           トランヴェール これは最新号



秋田八幡平地区に伝わる大日堂舞楽が特集されていました。




大日堂舞楽とは、

平安の昔から

後世の踊りの型を加えることなく、伝承されてきた神楽舞。



八幡平地区周辺4部落の人々によって、

1300年間、平安時代そのままの踊りが、守られてきました。

2009年には、ユネスコの世界無形文化遺産に登録。


毎年1月2日だけ大日霊貴神社(おおひるめむちじんじゃ)で、奉納されます。

おおひつむち神社


紹介されたそれぞれの舞のエピソードも面白く




雄略帝の後宮吉祥姫の埋葬場面を表現した 烏偏舞
 con-1_1261.jpg



だんぶり(トンボ)長者の伝説を、金色や黒色のお面をかぶって舞う五大尊舞
dainithi-003.jpg



なにより雪深い八幡平と、


古い神社で奉納される舞楽の、幻想的な写真がすばらしく


いつか行ってみたい(((o(*゚▽゚*)o)))・・・・と強く思いました。



・・・・が、一家の主婦がお正月早々家を空けられるはずもなく、


その後、何年も行きたい想いばかりが、募っていきました。




数年前、生まれて初めて一人でお正月を迎えることになった時、


真っ先に浮かんだのが大日堂舞楽でした。 



そこで、日帰りできるルートを調べ、


1月2日早朝まだ真っ暗で雪が降りしきる中、


一番列車に乗って八幡平へと向ったのでした。









よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



Comments 2

めうまろん  
メリークリスマス☆

ginさん、メリークリスマス!です。
お忙しいイブをお過ごしになられたんですね(^^;)
そんなお忙しい中、ケーキまで作られるとは!
スゴイです(^0^)
発酵バターにレーズンにラム酒・・。聞くだけで美味しそう・・!!!
お写真から切り口のしっとり感が伝わります。贈られた方たちも嬉しいでしょうねv-344

大日堂舞楽、初めて聞きました。
ginさんのブログには新しく聞くことが沢山で、いつも勉強になります。
続きも楽しみにしていますね。
お体に気を付けて、素敵なホリデーシーズンをお過ごしください☆





2016/12/25 (Sun) 08:08 | EDIT | REPLY |   
-  
No title

めうまろんさん♬ メリークリスマス ‼  

バタバタしたクリスマスです。

年末は、息子たちのところに行きたかったのですが、お休みは、12/31と元旦のみ。
お家でゆっくりすることに決めました。

大日堂舞楽も、今年は無理かな・・・2日もお仕事入ってしまいました・・・(泣)

ここで、コメントするのもおかしいのですが、ラオスの記事楽しみにしています。
ルアンプラバンのゆったりした時間に身を置いてみたいです。
日本以外のアジアはフィリピンしか知らないので、一括りには言えませんが、
欧米とは違う独特な時間の流れかた、空気感、確かにあるようなきがします・・・

・・・とお邪魔してコメントしたいのですが、ブログ更新で精一杯・・

もう少し時間ができたらお邪魔しますね・・・
めうちゃんとまろんちゃんの猫の手を借りたいです。


2016/12/25 (Sun) 19:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、アラカンです。
雪国に嫁いで30年。17年前夫に先立たれ、2人の息子を育てるのに夢中で過ごした日々。
息子たちも巣立っていって、ようやく訪れた平穏な日々(?)…とはなかなか行かないけれど、たくさんできた自分の時間。そうだブログを始めよう!!
というわけで、備忘録をかねたブログです。共感できることが少しでもあったなら、遊びに来てくださいね。