風の中行く

Welcome to my blog

インカの反乱・・・文字がない文化に残された手紙

いつものような写真ですが・・(#^.^#)
2月14日雪の晴れ間 2月14日校庭 職場のデスクから見える冬景色

・・・まだまだ冬の北の街です。

同じように雪深いプリンスエドワード島から、嬉しいメルマガ定期便が・・.゚+.(・∀・)゚+.



で、気になる記事があったのでご紹介・・・(m(__)m勝手に情報を使わせていただいております)

昨年から30年ぶりにカナダCBCが制作している赤毛のアンのTVシリーズ(全8話)が、

Netflixで配信され、日本では5月12日に第1話が放映されるとの情報が・・・o(≧ω≦)oミタイ・・



Netflixは、使ったことがないのですが・・・無料体験から始めてみようかな・・・

春になるのが、楽しみです。




文字を持たないインカ帝国(ケチュア語でタワンティンスウユ)において、

唯一時のインカがスペイン人に口述筆記させた(手紙?)が、出版されています。

「インカの反乱」。 作者は、ティトゥ=クシ=ユパンギ。 (インカとは皇帝のことです)

インカの反乱



クスコ占領後、スペイン人は、マンゴ・インカというインカを擁立します。
(名ばかりのインカの力を借りて、先住民を治めようとした。)

ところがこのマンゴ・インカは、結構骨のあるインカで、

スペインに対して謀反(❓)を起こし、

スペイン人が踏み込めない山岳部のビルカバンバで、インカ帝国を存続させます。

マンゴインカマンゴ・インカさん





ティトゥ=クシ=ユパンギは、彼の息子で、兄のサイリトパックからインカを継承して、

ユニークな方法で、スペイン人と立ち向かうのです。


キリスト教に表向き改宗したり、 宣教師を近くに住まわせたり・・

その一方で、スペイン人を襲わせたり・・・

ティトゥ・クシティトゥ=クシさん


インカの反乱は、ティトゥ=クシ=ユパンギが

マンゴインカの反乱の正当性や、

自分が正統なインカの後継であるということ(実は、彼は非嫡子)

ピサロによって征服されてからのペルーの惨状、先住民の窮状を

スペイン国王フェリペ2世に対し訴えようと口述筆記したものです。



読みやすいのですが・・・興味がなければ、つまらないかも・・



ティトゥ自身の、また筆記に関与したスペイ人たちの意図が、

内容に反映していると想像されるため、歴史的な信ぴょう性も薄いとされていますが・・・



文字を持たないインカが、文字で訴えようとした・・

何だかそのユニークさにひかれて、いろいろ調べてみたら、

このインカたちを題材にした児童文学を見つけました。



やなぎやけいこさんの「はるかなる黄金帝国」

            .と 「まぼろしの都のインカたち」 です。

今はもう絶版なのですが、これがとっても面白くて・・・名作です。


長くなりました・・・つづきはまた・・

堅苦しい内容ですが・・・よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村




お弁当生活続いてます・・オムレツ弁当、4色弁当、牛丼、サーモンとチーズと卵焼きサンド
2月13日オムレツ弁当 2月15日三色弁当 
2月16日牛丼弁当 2月17日スモークサーモンとクリームチーズ、卵焼きサンド


Comments 2

矢田@医療職兼業トレーダー  
No title

Netflix、いつでもどこでも続きが見られるので、いいですよ。
応援しておきました。ポチッ

2017/02/21 (Tue) 21:51 | EDIT | REPLY |   
gin  
No title

矢田様 ♪

ご訪問、有益な情報、ポチッ をありがとうございます。

そうですか、いつでもどこでも続きが見られる・・・魅力的ですね!
Netflixギフトカードでの支払いも可能なようですし・・

前向きに検討しようっと・・・m(__)m

2017/02/22 (Wed) 17:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
旅と音楽と読書、主に海外ミステリーが好きな、アラカンです。
雪国に嫁いで30年。19年前夫に先立たれ、2人の息子を育てるのに夢中で過ごした日々。
この度30年暮らした雪国から、孫のお世話をしに名古屋にお引越し・・・職場復帰も果たし、気が付けば、しっかり名古屋ライフを楽しむ日々。