2016
07.08

アンをめぐるたび    帰国便のハプニング

帰国の日は早朝4:30ホテル発  (-∀-)zzzネムイ

お迎えの車にはすでにKさん達が・・・

空港での手続きを終え、別々のシートでトロント空港へ向かいます。


私のシートは窓側、外を見ながら、PEIに別れを告げましょう・・
さらばシャーロットタウン      
シャーロットタウン3 

・・・と私のシートにカナダの青年が・・

そこ私の席よ・・とチケットを見せても、動こうとしません・・

へらへらして、早口に「僕が窓側」を繰り返すばかり。


(*`皿´*)ノ  オイッ、コラッと怒りたいところをグッとこらえ、

コンナヤツと一緒なら、窓側に閉じ込められるより通路側がいいかも・・・・と大人の判断

黙って隣に座りました。 (*^_^*)大人ですもの

心落ち着くシャーロットタウンの教会
シャーロットタウン4 シャーロットタウン6


と、そのコンナヤツ氏、あろうことうか自分のシートの前に座わっている友人と、シート越しに大声で話し始めるではありませんか・・・

「ほら、日本人なんてこんなもんさ」・・と聞こえたような・・
w( ̄o ̄)wナンデスッテ

前にすわるコンナヤツ氏No2は、大笑い・・・


(*`皿´*)ノ  オイッ、コラッと怒りたいところをグッとこらえ、

こんな飛行機の上で、揉め事を起こしても・・と大人の判断

(*`^´)=3 お、おとなですもの・・ガルル

PEI消防署と消防自動車
 シャーロットタウン5 消防自動車


さらに、前後のシート越しにわいわいぺちゃくちゃ、

あっ手がぶつかった・・・謝りもしない・・

肘が、こちらに張り出して・・・窓の外を指さし・・

シートも揺らして・・・ムムム・・

(*`へ´*) ドッカーン・・・・

 とっても静かなサマーサイド近郊
サマーサイド2

「ねえ、あなた、お友達と話したいなら席、交換しましょう。」

息子達を怒った日々を思い出し、とびっきり冷ややかに・・
 
コンナヤツ氏No1が何か言おうと口を開きかけたところを

更に冷ややかに

「いやなら、申し訳ないけれど口を閉じていてくださいます?」

さらに何か言おうとしたところを

「YES ‼‼‼ OR  NO ‼‼‼ 」(*`皿´*)ノガオー


救急車とナンバープレート・・・深い意味はありません
救急車 ナンバープレート

という訳でコンナヤツ氏No2と席を換わって一つ前の窓側へ

( ̄^ ̄)V 勝った・・・日本のオバ○リアンを舐めてはいけない。
 

新しいお隣さんは、若い日本女性。
こんな騒ぎ(❓)の中でも、われ関せずと何かを執筆中。

彼女(朝戸さん) と この後のことは、以前ブログにコチラ☆ご紹介。

成田で別れた、Kさん母娘、朝戸さんとは、連絡先を交換し、後日PEI 同窓会を行いました。(大阪のモンゴメリと花子の赤毛のアン展で・・・)

長い旅行記、最後までお付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m

よろしかったらポチッと、 励みになります。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2016
07.06

アンをめぐるたび   サマーサイド

来年、2017年は、カナダ建国150年
  カナダ国旗

建国前、 1864年,カナダ連邦建国への会議が、
プリンスエドワード島シャーロットタウンで行われました。

2014年は、「シャーロットタウン会議」から150年という記念の年。
シャーロットタウン1 シャーロットタウン2

シャーロットタウンではフリーマーケット、コンサート、花火などの記念イベント行われている・・でも・・・・

プリンスエドワード島、2日目 午前中は土砂降り・・・

(´Д`*)日ごろの行いが・・・などと言っている暇は無く
    (PEI 滞在はわずか2日、明日は帰国)


土砂降りの中、シャーロットタウン州庁舎プロビンスハウスへ・・・

学生のボランティアガイド(まじめな女学生)の案内で、

シャーロットタウン会議の行われた会議場などを回りました。

シャーロットタウン州庁舎1シャーロットタウン州庁舎2

日本人だから、ゆっくり説明してね・・・とお願いしたにもかかわらず

一生懸命説明してくれているうち、だんだん熱が入り早口に・・
???・(。Д゚)待ってくれー

・・・PEI とカナダをとっても誇りに思っているんだな・・・と感じました。

(^∇^)カワイイな・・・



午後からは、サマーサイドツアー。

サマーサイドは、アンシリーズ第4巻「アンの幸福」の舞台。
柳風荘  柳風荘、塔の部屋

医学生となったギルバートと婚約したアンは、サマーサイド高校の校長として赴任し、

この柳風荘の塔の部屋からギルバートに宛てて手紙を書きます。



ツアーの車は、B&Bやホテルに立ちより参加者を拾っていきます。

途中から、昨夜お別れした、Kさん母娘が・・(∩・∀・)∩キャー オナツカシイ

「同じツアー、申し込んじゃった・・」   ♡♡♡

もちろん喜んでご一緒しました♪♪


サマーサイドの街並み・・
サマーサイド街並み1 サマーサイド街並み3
サマーサイド街並み2 サマーサイド1

灯台、コンフェデレーションブリッジ・・雨も上がって
サマーサイド灯台 コンフェデレーションブリッジ

こんなものも売っていました。
ゴグとマゴグ(アンがパティ姉妹から譲り受けたもの)
ゴグとマゴグ


夕食はKさん母娘と一緒に、ガハーンハウスというビアホールへ
ビールの試飲セット
ガハーンハウス ガハーンハウス3
ガハーンハウス4 ガハーンハウス2

この後、ビクトリアパークで野外コンサートを聴きに行ったのですが、あまりに寒くて・・・

KさんのB&Bにお邪魔して、遅くまでおしゃべりを楽しみました。


・・・と、偶然にも、明日の帰国便、成田まですべて同じ飛行機です。


もともと関西にお住まいのKさん、今回に限って成田便を利用しのだそうな。

偶然に感謝!! ・・・と思っていたら更なる偶然が・・・


「私のアンのシリーズ、すごく素敵なのよ」とKさん(母)が本の自慢を始めました。

「あら、私の本も素敵よ」 ・・と応じます。以前ご紹介した☆コチラ

Kさん 「巻を追うごとにね、葉っぱが増えていくの」   「えっ !!」

・・・・そうなんです。 2人とも同じアンシリーズの本を持っているのです。

同じシリーズを持っている人に初めて出会いました・・それも、PEIで・・


楽しい帰国便になりそうです・・
帰国便では、ちょっとしたハプニングが・・



よろしかったらポチッと m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村






Comment:1  Trackback:0
2016
07.03

アンをめぐるたび  モンゴメリの日記

我が家の紫陽花、草いっぱいの庭や、母屋の隣の小さな教室の建物の周りに、逞しく咲いてくれています。

6月あじさい4 6月あじさい3
6月あじさい2 6月あじさい1

ほとんど、お手入れなし・・・(ノω`*)ノ丈夫が一番



プリンスエドワード島一人旅。

アンツアーに参加した人たちは、みんなアンのファン。


モンゴメリーの生家
モンゴメリー生家モンゴメリ生家3スクラップブック 
モンゴメリー生家2モンゴメリ生家4 誕生の部屋

昼食後、モンゴメリーの生家を見学する頃には、和気藹々。

会社勤めで貯金してカナダ留学したAさん。 
ご主人の転勤先アメリカから参加のお2人。 
お嬢さんが卒論でモンゴメリを選ばれた、Bさん母娘。 

そして、なんだか気の合う、Kさん母娘。

一人参加の私を、何かと気遣ってくれます。


次は、グリーンゲイブルス博物館になっている銀の森屋敷
銀の森
銀の森2

「パットお嬢さん」の舞台となったモンゴメリの親類のお屋敷です。

「私(モンゴメリ)は、暖炉の前で結婚式を挙げました」・・の文字が・・
銀の森3



ほしかった本をここの売店で、手に入れました。
モンゴメリーの日記最終巻 モンゴメリーの日記扉 
モンゴメリの日記最終巻です。(本当は上手な翻訳で読みたいな・・)


モンゴメリーの日記は、日本では3巻(1900年まで)が邦訳され出版されていますが、諸事情からその後の巻は出版されていません。

PEIで、どうしても手に入れたかった物の一つです。(アマゾンでなく・・)

ツアーも終盤、フレンチリバー、ケンジントン駅
フレンチリバー2 ケンジントン駅 


途中で、キャベンディッシュ泊のAさん、Bさん母娘を降ろし、


シャーロットタウンに予定より1時間以上も早く到着!!

(*`^´)=3あんなに急かされたのは、ナンダッタンダ

・・・とチョッピリ不満が残ったものの・・・

長年の夢が、かなった半日でした。(*≧∪≦)ジー-ン


なぜか気の合うKさん母娘とは、夕食を偶然同じところに予約していて、

アンのカントリーディナー
カントリーディナーオードブル カントリーディナースープ
カントリーディナーチキン ご一緒しました。

明日は、シャーロットタウンでショッピングだそう。

私は、午後からサマーサイドのツアーに参加予定。

アンの話で盛り上がり、夕食後それぞれのお宿に戻りました。

(つД`)ノオナゴリオシイ
もうご一緒することも無いんだな・・・ちょっと残念・・と思っていたら




モンゴメリばかりで・・だらだら長くて・・・・m(_ _)m

よろしかったらポチッと・・・励みになります。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2016
06.26

アンをめぐるたび・・・・グリーンゲイブルス

まさかのイギリス、EU離脱。
               欧州連合旗
      欧州連合旗


ベルリンの壁崩壊やアメリカの9・11テロの時に、

次々入ってくる映像やニュースから目が離せず、

      300px-Thefalloftheberlinwall1989.jpgウィキペディアより

世界が大きく変わっていく瞬間に立ち会っているような気がしました。


今度のEU離脱も・・・世界が変わっていく瞬間なのかも・・


経済の混乱も心配。   そして・・・

先の両世界大戦がヨーロッパから始まったことを考えると、

なんだか怖い・・・アメリカの大統領選も心配だし・・


アンシリーズ第8巻「アンの娘リラ」は、

       アンの娘リラ

陽気な末娘リラが、ようやく大人の仲間入りをし、初めてのダンスパーティを楽しんでいる時に、第一次世界大戦が勃発する・・という始まり、

銃後を守るアンやPEIの人々が描かれています。

いかに、この大戦が人々の日常を変えてしまったか、よくわかります。



・・・と、例によって前置きが長いですが・・・


さてアンツアー、ロブスターランチの前に、
モンゴメリの墓所とグリーンゲイブルスへ・・

いつの間にか雨が上がって、薄日さえ射して・・・
モンゴメリー墓所

早く早くと急かすガイドさんを尻目に、みんなしっかり手を合わせます。
(このために来たんだもの・・・)

モンゴメリーの墓
私は、墓石に手をかけて、

「素敵な物語をありがとう・・貴女の物語に魅かれて、
ここまでやって来ましたよ・・・」

などと 乙女チック(!?)なことをやっていたので、一番遅れました。

ほんの一分にも満たない時間でしたが・(//∇//)団体行動乱すタイプかも?
  



今では、驚くべき新事実でもないのですが、

2008年、.モンゴメリのお孫さんが、

祖母の死因は薬の過剰摂取による自殺であった・・・

と告白するエッセーをカナダのThe Globe and Mailに寄稿。

命を削って執筆したモンゴメリに敬意を表したかったのです。


さあ、次は・・・いよいよ♪───O(≧∇≦)O────♪

グリーンゲイブルス・・・下手な写真ばかり!!
グリーンゲイブルス2 グリーンゲイブルス

アンのお部屋を見学し、お化けの森や恋人達の小道も歩きたい・・・

カフェでイチゴ水(Raspberry Cordial) を飲んで、記念に何か買いたい・・・


などと思っていたのですが・・・またまたガイドさんに急かされて

恋人達の小道は橋が壊れて通行止めだし・・・

お家の中を急いで見て、お化けの森をすこし歩いただけ・・(T_T)

正味一時間もいなかった・・・(。´・(ェ)・)ガッカリ

アンの部屋
アンの部屋

でも、アンの部屋を見学し終えて外へ出ると、奇跡的に晴れ上がって
雨上がりの草の香りと、きらきら雨露に光るグリーンゲイブルスを見ることができました。

いつかもう一度・・・リベンジしよう・・


 

よろしかったらポチッと・・・励みになります。m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2016
06.25

アンをめぐるたび・・・雨のキャベンディッシュ

お勤め仕事の帰り、駅までのバスを待っていると・・・(^-^)ウフッ

足元に、四葉のクローバーが・・・♪♪
よつば2 ティッシュに包んで持ち帰ろう・・

駅の書店で、大好きな萩尾望都さんのエッセイ集を見つけました。

今年40年ぶりに「ポーの一族」の新作続編をかきおろされて、話題になっていたっけ・・・

「ポーの一族」、「トーマの心臓」、「11人いる」夢中になって読みました。(#^.^#)マンガ、ダイスキ


一瞬と永遠とさっきの四葉、この本に挿もう・・!

「11人いる」、「はるかな国の花や小鳥(ポーの一族)」、「グレンスミスの日記(ポーの一族)」は、特にお気に入り

5、6月はバタバタしていて  新作  まだ読んでない!! 

もう遅いかもしれないけれど・・・探そう・・




長年の夢だったプリンスエドワード島、初日は、赤毛のアンツアー。

残念ながら、小雨が降っている。 ツアー参加者は、日本人女性8人。

母娘で参加の方が2組、アメリカ在住の主婦の方2人、

カナダ留学を終えたお嬢さん。それぞれがそれぞれにアンのファン


雨の中キャベンディッシュの海岸や、

キャベンディッシュの海岸
キャベンディッシュの海岸 PEIビーチ1


モンゴメリ縁の教会や、
          雨にぬれた道路
モンゴメリー縁の教会 PEI雨の道路



モンゴメリが働いていた郵便局を回るうち少しずつ言葉を交わすように・・・


モンゴメリはこの郵便局で働きながら、こっそり原稿を出版社に送り続けた。
郵便局3 郵便局2


お昼の、PEIのロブスターを食べ終わる頃には・・・

               デザートは、レモンパイ♪♪
ロブスターランチ1 ロブスターランチ2

年齢はさまざまなれど、同級生のような気楽さが・・・

それに・・・晴れてきましたよ!! .゚+.(・∀・)゚+.ハレタライイナー♪♪



思いの外長い旅行記になりそうです・・・

呆れずにお付き合いいただけるとうれしいです。 m(_ _)m

よろしかったらポチッと・・・励みになります。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



Comment:0  Trackback:0
back-to-top